転職 転職エージェント

転職エージェントが合わないと感じた時にとるべき行動【とるべき行動は2つだけ】

今回の記事を読むと、下記の疑問を解決することができます。

  • 転職エージェントが合わないがどうしたらいいのだろうか?
  • 転職エージェントが合わないように感じるが、何故だろうか?

こんにちは、かっしーです。

今回は「転職エージェントが合わないときにとるべき行動」というテーマで記事を書いてみました。

かっしー
この記事を書いている僕は、過去に2回転職を経験しており、その転職活動においては2回とも転職エージェントを使用しました。

数々の転職エージェントを見てきましたので、合わない転職エージェントの対処方法に関しては詳しい自信があります。

では早速いきます。

転職エージェント利用における2つの合わない

転職エージェントの利用においては、2つの合わないがあると僕は考えています。

それは、

  • 転職エージェント自身が合わない
  • 紹介してくる求人票が合わない

ですね。

前者は自分の担当としてついている転職エージェントと合わないのであり、後者は転職エージェントが紹介してくれる求人票が合わない状況です。

僕が思うに、前者は直接的なハナシであり、後者は間接的なものです。

それぞれのケースで転職エージェントと合わない原因・対処方法を考えていきます。

転職エージェント自身が合わない

転職エージェント自身が合わない

まずは転職エージェントと合わない場合から考えていきます。

僕が思うに、

  • 偉そうな態度をとってくる
  • スピーディーに連絡が取れない
  • 反応がない
  • 謎に几帳面な指示出しをしてくる

などの理由で転職エージェントと合わないのだと考えられます。1つずつ深掘りしていきたいと思います。

偉そうな態度をとってくる

転職エージェントによっては、偉そうな態度をとってくる人がいます。

自分の担当のエージェントに偉そうな態度をとられると、誰でもいい気分にはなりませんよね。

エージェントに横柄な態度をとられたら、「この転職エージェントは合わないな」と感じるのは普通です。

転職エージェントはサービス業なので、飲食店などで無愛想な店員がいるように、一定数横柄な態度をとってくる担当がいてもおかしくないです。

かっしー
世の中色々な性格の人がいるので、偉そうな態度をとってくる転職エージェントがいるのは仕方のないことですね。転職エージェントから受けるサービス自体は無料なので、イライラしすぎないようにしましょう。

スピーディーに連絡が取れない

連絡しても反応が遅いことも、転職エージェントが合わないと感じる原因になります。

ビジネスの世界においては、スピードというものが大切になってきます。

サービス業においては、クライアントとのコミュニケーションのスピードは何よりも大切になってくるはずです。

しかし、転職エージェントに連絡を送っても反応が遅く返信がその日中に来ないとなると、「あれ、この転職エージェントは連絡が遅いなぁ。なんかスピード感がなくて合わないな」と感じてしまうことは普通です。

ビジネスマンとして連絡に対する返信が遅いのはちょっと致命的な気がしますがそういう人もいるものです。

かっしー
サービス業の業界ですと、外部へのクイックレスポンスは叩きこまれているはずなのですが、人はたくさんいるのでできない人も中にはいるものです、、

反応がない

転職エージェントが合わないと感じる最悪のケースですが、それは連絡をしても反応がない時です。

僕はこれまで5社以上の転職エージェントからサポートをしてもらった経験がありますが、さすがに連絡をしても反応がないエージェントには会ったことがありません。

が、ネットで検索をしていると「転職エージェントに無視された」という声があがっているのを見たことがあります。

無視をされてしまうと、転職エージェントと合わないどころかそもそも何も進まないです。

クライアントワークで無視は論外ですよね。

謎に几帳面な指示出しをしてくる

転職エージェントの中には、謎に几帳面な指示を出してくる人がいます。

僕が過去に出会った転職エージェントに面接の前にやたらと指示を出してくる人がいました。

面接の前日になるとメールで、

  • 面接官の特徴・経歴
  • 面接前に見ておくべき会社のWEBページ
  • 逆質問の準備

を教えてくれたり、指示してくるのです。

そのメールを受け取った僕は、「それは別に言われなくてもちゃんと準備するんだけどな、、」と感じたものです。

僕はそのメールを転職エージェントから初めて受け取った時に、「こんな几帳面な人が転職エージェントにはいるのか」とビックリしたものでした。

エージェントの方からマイクロマネジメントされるとシンドいですし、その担当が合わないと感じるのはフツーです。

転職エージェント自身が合わない時にとるべき行動

では、転職エージェントの人間性が自分と合わないと感じる時にとるべき具体的な行動を考えてみましょう。

それは、

  • 転職エージェントを変えてもらう
  • 他の転職エージェントにも登録してみる

になります。

転職エージェントを変えてもらう

自分の担当についている転職エージェントが合わないなら、エージェントの会社に連絡をして担当を変えてもらいましょう。

「そんなことしてもいいのですか?なんか悪くないですか?」って思った方は一定数いることと察します。

あの、実はコレ、全然悪くありません。

転職活動という重要なイベントを、自分と合っていないなと感じる転職エージェントと行うのは危険だと僕は思います。転職活動で良いパフォーマンスを発揮できるとは思えません。

転職エージェントが合っていないなら、すぐに行動して担当のエージェントをチェンジするべきです。

別に珍しい行動ではないので、転職エージェントの方も慣れているはずです。

他の転職エージェントにも登録してみる

現在利用している転職エージェントが合わないなと感じたら、別の転職エージェントも使用しましょう。

下に僕のオススメの転職エージェントを紹介しておきます。

転職エージェントは複数登録しておくことで、サービスの比較をすることができます。

他のエージェントとも接することで、合わないと感じているエージェントのサービスのクオリティが分かると思います。

紹介してくる求人票が合わない

紹介してくる求人票が合わない

次は2つめの「合わない」である、紹介してくる求人票が合わないケースについて考えていきます。

求人票が合わないのは、

  • 紹介される求人がどれも年収が低い
  • 希望しない業界・職種の求人を紹介される
  • ハイレベルすぎる求人を紹介される

といった状況が考えられます。1つずつ考えていきます。

紹介される求人がどれも年収が低い

転職エージェントに年収の低い求人ばかり紹介されると、この転職エージェントは合わないなと感じます。

みなさん同意してくれると思うのですが、年収の低い求人ばかり見ていると転職活動するモチベーションがめっちゃ下がりますよね、、

僕は新卒からベンチャー企業へ転職する時に使用していたある転職エージェントから年収の低い求人ばかりを紹介されていました。

「このエージェントが紹介してくるエージェントはどこもマジで年収が低いな〜。別の転職エージェントにチェンジしようかな〜」と思っていました。

年収の低い求人ばかりを紹介してくるのは、おそらくその転職エージェントが実績づくりのために転職させやすい求人ばかりを紹介しているのだと察します。

大手の転職エージェントの場合はそんなことをしてこないのですが、大手ではないところはそういう担当が多い印象です。

希望しない業界・職種の求人を紹介される

次のポイントは、希望しない業界・職種の求人を紹介されることです。

転職エージェントの中には面談の時にお願いしていないような業界・職種の求人を紹介してくることがあります。

例えば前回のベンチャーから大手へ復活を果たした際の転職において、僕は大手メーカーの求人を希望しました。

にもかかわらず、アパレル業界やベンチャーIT、ベンチャー不動産の求人を紹介してきたりしました。

僕はベンチャーIT系の企業が嫌になったので転職の相談をしたのに、それらの求人を紹介してきたので「僕の話を聞いていたのかな、、」と思ったものです、、

このように転職エージェントの中には、自分たちが持っている求人票を片っ端から紹介してくる担当もいます。

そういう担当に興味のない求人票をたくさん紹介されたら、「自分はこのエージェントと合っていないな」と感じるのは仕方がないです。

ハイレベルすぎる求人を紹介される

ハイレベルすぎる求人を紹介されると、担当のエージェントと合ってないと感じるのはムリもないです。

これも前回の転職の話になるのですが、ある転職エージェントからいわゆるハイクラス層が受けるようなシンクタンクの求人やコンサルの求人をたくさん紹介されたことがあります。

僕は現在20代ですごい業務経験を積んできたわけではありませんでしたので、書類選考を受験しても通るわけがないのですよね。

自分の能力が高いと転職エージェントに勘違いされると、ハイクラスな求人ばかりを紹介されてしまうの注意です。

また、転職相談者の能力を適性に判断できていない時点でその担当とは合っていないことは明白です、、

紹介してくる求人票が合わない時にとるべき行動

それでは、求人票が合わない時にとるべき行動を考えてみましょう。

それは、

  • 担当のエージェントの方に連絡する
  • 別の転職エージェントにも登録

になります。

担当のエージェントの方に連絡する

自分の担当するエージェントが的外れな求人を紹介してくる時は、直接担当の方に連絡をしてお願いをすればオッケーです。

メールで、

「〇〇業界の〇〇職種の求人メインで紹介してもらえないでしょうか?」

とか

「現在紹介してもらっている求人は、レベルが高くて通らないのでもっとハードルの低いものを紹介してもらえませんか?」

と連絡を入れればOKです。

このように直接エージェントに連絡をすれば、担当の方も応じてくれるはずです。このようなお願いをすることは、まったく悪いことではありません。

もしも、応じてくれないなら次に紹介する方法です。

別の転職エージェントにも登録

2つ目の方法は、今使っているものとは別の転職エージェントに登録をすることです。

転職エージェントは複数登録しておくと、エージェントの求人の選別のスキルが比較できるのでオススメです。

下に僕がオススメする転職エージェントを紹介します。

全然選考に合格しないので、合わないと感じているなら

もしもこの記事を読んでいる方の中には、たくさん選考を受験しているものの全然合格しないのでエージェントと合わないと悩んでいる方がいらっしゃるかもしれません。

もしも、選考を受験していて全然受からないならエージェントよりも自分に原因がある可能性が高いです。

それは、自分が提出している書類がダメだったり、面接で話していることやこれまでの自分の業務経験がまだまだだったりします。

転職エージェント経由で転職活動をしているものの全然受からない原因やその時にとるべき行動については下の記事にまとめておりますので参考にして下さい!

agent-ukaranai
転職エージェントを使っていると受からない?【真因はエージェントではない】

こんにちは、かっしーです。 今回は転職エージェント経由で転職活動をしていて、企業の中途採用に合格しない人向けに記事を書きました。 今回の記事は、 転職エージェント経由で転職活動をしているが合格しないが ...

続きを見る

転職エージェントは複数登録しておこう

今回の記事では、転職エージェントが自分と合わないと感じている人向けに原因ととるべき行動を考えてきました。

今現在転職活動をしていて、今の転職エージェントが合っていると感じている人も合っていないと感じている人も転職エージェントは複数登録をするべきです。

今のエージェントが合っていないと感じるなら、なおさら転職エージェントは複数登録するべきです。

転職エージェントは複数登録しておくと、転職エージェントのサービスを相対的に見ながら転職活動を進めることができる上に、たくさんの求人票を確認することができて優良企業に出会えるチャンスが増えます!

下に僕の過去の転職活動の経験から登録すると有利に転職活動を進めることができるエージェントを紹介します。

また、僕は過去に下記の記事にて転職エージェントに複数登録することのメリットを解説しています。興味のある人は読んでみてください。

面倒臭くても転職エージェントは複数登録するべき理由
面倒臭くても転職エージェントは複数登録するべき理由

こんにちは、かっしーです。 今回の記事は下記の悩みを解決できる記事になっております。 転職エージェントは複数登録するべきか? 複数の転職エージェントを登録するメリット・デメリットを知りたい! 複数の転 ...

続きを見る

まとめ

まとめ

さて、今回は転職エージェントが合わない原因とその時にとるべき行動について考えてみました。

エージェント自身が合わない時もエージェントが紹介してくる求人票が合わない時も、エージェントに働きかけるか、別の転職エージェントに登録をして転職活動を進めればOKです。

仮に転職エージェントと相性が合わずに転職活動がうまくいかなくても、自分を責めないように注意しましょう。

今回はここまでにしておきます。ではまたネットのどこかでお会いしましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

かっしー

大手企業 → ベンチャー企業 → 大手企業という経歴の男です。本業は経理財務で、プログラミングも組めます。エクセルマクロとかは朝飯前です。 2021年、コロナ禍にベンチャー企業から大手企業に転職して、年収も100万円超アップ! 転職活動がかなり得意です!

-転職, 転職エージェント
-,

© 2021 サラリーマン無双 Powered by AFFINGER5