資産形成

【誰でも金持ち】『バビロンの大富豪』の教えをまとめてみた!

みなさん、こんにちは。かっしーです。

今回の記事では、忠実に実行していけば誰でもお金持ちになることができる『バビロンの大富豪の教え』についてまとめました。

今回の記事を読んでもらえれば、バビロンの大富豪で紹介されているお金持ちになれるマインドを学ぶことができます。

忠実に実行していけば本当に誰でもお金持ちになることができます。

かっしー
実際僕は27歳で金融資産1,000万円を突破することができました。自分を律して教えを忠実に守ってきたからです。

では、さっそく本題に入っていきましょう。

教え1:収入の10分の1を貯蓄へ

最初はシンプルな教えで見出しの通りです。毎月淡々と収入の10分の1を貯金していきましょうと教えてくれています。

  • 月収20万円の人は月2万円貯金
  • 月収25万円の人は月2.5万円貯金
  • 月収30万円の人は月3万円貯金

シンプルですよね。毎月収入の10分の1を貯金していくだけです。本当にたったコレだけ。

YouTubeの動画で、エクセルで収入の10分の1貯金を実施したらどれくらいの金額になるのかを検証してみましたが、それなりの金額になります。

ぶっちゃけ月収が20万とか30万でも30年間という長期間収入の10分の1貯金を実施すればいい金額になります。

かっしー
お金持ちになる上での基本は自分を律して毎月ある一定の金額を貯金・投資に回していくことですね!

教え2:欲望に優先順位をつけよう

なんでもかんでも自分の欲望を満たしていると、お金持ちになることなんでできないですよね。お金が自分からどんどん逃げていってしまう結果になります。

欲望が複数ある時には、あるものは満たして、あるものは諦めようという教えです。

例えば、僕はグルメやスマホゲーム、読書が好きですが、全部にお金を使っている訳ではないです。

グルメには惜しまずお金を使っています。食べログで良い店を見つけたらフツー行きます(でもそんなに高い店は行かないですよ)。

しかし、ゲームを課金してまでやるのはバカらしいので、この欲望は諦めています(ゲーム内の強い課金装備が欲しいですがお金を払うのはバカらしいですから)。

みなさんも複数の欲望があると思います。全てを満たすためにお金を使っていると、お金持ちになることはできないので、優先順位の低いものは諦めましょう。

教え3:蓄えたお金に働いてもらおう

これはいわゆる投資ですよね。

収入の一部を世界全体の株式に投資するインデックスファンドに回すと、年間4%くらいの利回りで増えていきます。

米国株に投資するインデックスファンドの場合は、年間7%くらいの利回りで資産が増えていきます。

僕も実際に毎月世界株に投資をしていますが、かなりお金が増えています。

資本主義社会でお金持ちになるためには、投資してお金に働いてもらうのは必須だと言えるかもしれません。

インデックスファンド以外にもたくさん方法はあるので、自分でいい投資を探してみるのがいいかもしれません。

教え4:危険や天敵からお金を死守しよう

これは詐欺師に自分の大切なお金を騙し取られないようにしましょうと言っています。

最近の例でいくと、芸人のTKO木本さんが仮想通貨詐欺で莫大なお金を騙し取られていましたよね。

また、ちょっと前のクローズアップ現代で取り上げられていましたが、マッチングアプリで不動産投資詐欺にあって6,000万円の借金を負わされていた20代の方がいました。本当に悲惨です。

このように詐欺師は人々のお金を騙しとれるタイミングを精力的に探っており、自分がその被害にあってしまう可能性は低くないです。

かっしー
僕もスマホのSMSで怪しいところから、謎のリンクが送られることがたまにあります。

教え5:より良きところに住む

この教えでは、いい家に住むと働くモチベーションがアップして、お金を稼ぐことができるようになりやすいと言っています。

この理屈は理解することはできますが、僕は反対ですね。

というのも、高い家賃の家に住んでいると、その分蓄財が遅れてしまうからです。

一般的な収入の人(額面月収25万くらい)が家賃12万円の家に住むと、貯金なんかそもそもできないですよね。

この教えは人を選ぶと思っています。

収入がかなり高い部類に入る人(年収1,000万くらい)にはいい教えかもしれません。

教え6:今日から未来の生活に備える

これは自分という存在は永遠に働くことはできないので、今日から将来自分が老いた時に備えてせっせと蓄財をしていきましょうと教えてくれています。

今は若くてピンピンでも、絶対に体が動かなくなる老後はやってきます。

かっしー
老後の生活に備て今日から収入の10分の1貯金を実行して人生を歩んでいきましょう。

教え7:自分こそが最大の資本

最近は投資ブームでこの考えを忘れがちな人が多いですが、仕事を精一杯頑張る自分こそが一番稼げる資本であることを教えてくれています。

仕事だるいとか会社しんどいみたいなフレーズがSNSではよく飛び交いますが、それではダメだということです。実際に稼いで活躍しているのは、仕事に前向きな人ですよね。

個人的には「仕事を楽しんでポジティブにお金を稼いでいく」がやっぱりバビロンの教えの中で一番大切な気がします。

まとめ

原著はアメリカで1926年に出版されており、世界中の様々な国で翻訳されています。

何が言いたいかと言うと、このバビロンの大富豪の教えは普遍的で今の時代でも通用する教えだということ。

100年以上も前に出版されたこの本をしっかりと読んで、忠実に教えを実践すればマジで誰でもお金持ちになることができると思います。

読むのが難しい本でもないので、時間に余裕のある方はぜひ読んでみて下さい。

ということで今回はここまでにしておきます。またお会いしましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-資産形成
-

© 2022 日本蓄財協会 Powered by AFFINGER5