仮想通貨

ビットコインを買うべき理由【今すぐ買いましょう】

今回の記事は下記の悩みを解決することができます。

  • ビットコインが値上がりしているが今から買っても儲かるだろうか?
  • ビットコインはなんでこんなに値上がりしてるのか?
  • ビットコインはここから大暴落するか?

こんにちは、かっしーです。

今回の記事では、ビットコインが値上がりし続けている理由と、今から買っても間に合うかどうかを中心に解説してみます。

この記事を書いている僕は、ビットコインが1枚160〜180万円代だった2020年の下半期からずっと積立をしています。

2021年現在ビットコインは1枚あたり700万円を突破しており、1000万円が射程圏内に入ってきました。

かっしー
かなり値上がりしており、毎日ニマニマしています!さっそく本題に入ります。

コインチェック

長期的に値上がりしている

さて、ビットコインの全期間のチャートを下に貼ってみます。

ビットコインは長期的に値上がりしている

見てもらえると分かりますが、全期間を通じて暴落を挟みつつも値上がりしまくってます。

2020年の11月にビットコインを買って放置すると、1年後の今では4倍になってます。

かっしー
1年間放置して4倍も上がる時価総額の高い投資はビットコインしかありません!!

ビットコインの技術的な特徴

さて、ではここからビットコインの技術的な特徴をみてみましょう。

ビットコインは暗号資産というように、ネット上の資産で現物があるわけではありません。

どのようなIT技術でこのような値段になるものが成り立っているのでしょうか。

2100万枚しかない

ビットコインは世界に2100万枚しか存在しません。

この供給量のマックスは開発者のサトシ・ナカモトがプログラムで決めたもので、誰も変更することができません。

この「供給に限りのある資産」という特徴によってビットコインはデジタルゴールドと呼ばれています。

供給に限りがあるので政府が無制限に発行するドルやユーロ、円と比較してどんどん価格が上がっていかざるをえません。

ブロックチェーン上で動いている

また、これも重要ですがビットコインはブロックチェーンというIT技術の上で動いています。

ブロックチェーンとは何かというと、一言であらわすと分散型データベースになります。

まあ、でもこれだとピンときません。

ブロックチェーンとは具体的には、世界中のコンピューターで取引の記録を管理することです。

銀行と違うのは、銀行は自社しか管理できないデータベースで、自社のサービスを通じて行われる取引を全て記録しています。

かっしー
ブロックチェーンは世界中のみんなで取引の記録をつけていくので、不正・詐欺取引が発生しにくいとういすごさがあります。

ブロックチェーンのことは踏む込みすぎると迷宮入りするので、あまりここでは触れません、、

ビットコインの実社会での需要

2017年、ビットコインはバブったよく分からない金融商品でしたが、最近は実社会で需要が生まれてきました。

代表的なものをあげますと、

  • 米国のIT企業が買い漁る
  • Twitterが投げ銭機能を導入
  • エルサルバドルの法定通貨に採用
  • ECサイトで買い物ができる
  • 公務員の年金基金のポートフォリオに組入れられる

になります。

これを見てもらうと、かなり需要があるんだなと思ってもらえますでしょうか。詳細に確認していきましょう。

米国のIT企業が買い漁る

米国のIT企業がビットコインを買い漁っています。

初めてこのことを知って、「え、うそ?!」と思った方はちょっと情弱かもしれません。

MicroStrategyやSquareのようなアメリカのIT企業は今ガンガンビットコインを買い漁っています。

具体的な用途は示していませんが、今後のITサービスで必ず必要になるので買い漁っているみたいです。

かっしー
Squareは決済サービスに組み込んでいくはずですが、MicroStrategyは会社として買う意図がよく分かりません。

Twitterが投げ銭機能を導入

これはSNSが好きな人なら知っているかもしれません。

Twitterがビットコインで投げ銭をできる機能を開発しました。

すでに実際のサービスで受け取り・投げ銭機能が使えるようになっています。

かっしー
Twitterでこの機能がついたということは、他のSNSでも今後、、楽しみですね!

エルサルバドルの法定通貨になった

ビットコインは1つの国家の法定通貨にもなっています。

これはさすがにみなさんご存知かと思いますが、エルサルバドルはビットコインを最近国の法定通貨にしました。

エルサルバドルのような国では、銀行をはじめとする金融インフラがととのっていません。

仮想通貨のようなスマホとネットがあれば誰でも使える金融システムがあると、国に銀行がなくても金融インフラの恩恵を受けることができます。

ECサイトで買い物ができる

ビットコインを使ってECサイトで買い物できるようになってきています。

海外ではクリプトモールという仮想通貨のECサイトがあります。

日本ではビックカメラがビットコイン決済を導入しています。

ビットコインで買い物ができるECサイトは今後日本でも増えてくるでしょう!

クリプトモールについては過去に記事を書いてますので、参考にどうぞ!

あわせて読む
仮想通貨のECサイト”cryptomall”が画期的すぎる件【登録必須!】
仮想通貨のECサイト”cryptomall”が画期的すぎる件【登録必須!】

こんにちは、かっしーです。 今回は、「cryptomall」という仮想通貨のECサイトのご紹介です。 今回の記事を読むと、 cryptomallの特徴 cryptomallのメリット・デメリット cr ...

続きを見る

公務員の年金基金のポートフォリオに組入れ

そして、超ビックリなのが、なんとビットコインとイーサリアムがアメリカの消防団の年金基金のポートフォリオに組み入れられたことです。

下記がソース。

ヒューストンの消防士年金基金、28億円相当のビットコインとイーサリアムを購入

これマジですごいことだと思っています。

僕はこのことが意味するのは、

「アメリカの公務員は主要な仮想通貨が、公務員が退職するまでに超長期間の間値上がりして、公務員の退職後の生活をカバーできると確信した」

ことだと思っています。

日本の年金基金は基本株と債権で運用されており過去からかなりリターンを出していますが、ビットコインは運用していません。

日本の年金基金が仮想通貨をポートフォリオに組み込むのはいつのことになるでしょう、、

ビットコインが上がり続ける理由

ビットコインが上がり続ける理由

さて、ここまでビットコインの実社会での需要について簡単に見てきました。

ここからは、ビットコインが値上がりし続ける理由、正しくは「値上がりし続ける以外のコースがない」理由を考えます。

理屈はシンプルでして、

  • お金としての機能を持ちはじめた
  • 中央政府は無担保にお金をすりまくる

だからですね。

お金としての機能を持ちはじめた

ビットコインは、今お金としての交換価値を持っています。

簡単に言うと、それでモノが買えますよということです。

先ほども述べたように、海外ではECサイトでビットコインが使えるところは増えてます。

また、日本でもビックカメラをはじめ使えるところがちらほら出始めました。

じわじわ実需が出てきているということです。

かっしー
完全にお金として使えるんですよね!日本円と同じくです!

中央政府は無担保にお金をすりまくる

あの、皆さんうすうす気づいている方もいるかと思いますが、

「日本やアメリカ、EUのような中央政府は無担保に独断でお金をガンガン刷る」

ということをずっと過去から続けています。

特に2020年のコロナバブルはそれがかなり顕著でして、各国政府は経済を維持するためにお金を尋常ではないくらい刷りました。

そして、そのお金はリスク資産に向かいS&P500やNYDOW、主要な仮想通貨は価格が爆上がりしました。

本当に引くくらい上がりました。投資している人なら頷いてもらえるはずです。

しかし、その反動は確実に生じており、ドルをすりまくったアメリカでは物価が高騰中、、

アメリカ消費者物価 約31年ぶり高い上昇率 世界でインフレ圧力

原因はサプライチェーンが云々とか書いてますが、金を擦りまくっているのも原因の1つであることは間違いないです。

このように通貨というものは政府がすりまくるので、ビットコインのような供給制限のあるお金と比べると希少価値がなくなっていきます。

結果的に、ビットコインや株が上がり続けるのです。この傾向は今後も長期にわたって続くことは間違いありません。

かっしー
だから僕は今後も全力で、株と仮想通貨を買っていきます!

ビットコインを買う方法

ここまで読んできて、ビットコインを買いたくなってきましたか?

日本でビットコインを買うならダントツでオススメなのは、コインチェックです。

大手の証券グループのマネックスがバックについている上に、ビットコインの取引の手数料が無料!!

まさにビットコインのガチホに最適な取引所です!

口座の開設には免許もしくはマイナンバーがいるので準備しましょう。

かっしー
僕はビットコインを2020年から買ってガチホしており、爆・爆・爆益です!

みなさんもコインチェックでビットコインをガチホして、爆益取りましょう!

コインチェック

ビットコインは大暴落するか?

さて、「ビットコインは大暴落するか?」という問いも皆さん関心があるでしょう。

僕の考えでは、「短期的に暴落することはあってもすぐに回復して時間と共に値段は上がり続ける」と思っています。

短期的なバブル崩壊や中国のエバーグランデの経営破綻によりちょっとだけ暴落しますが、すぐに回復して最高値を更新し続けています。

世界に2100万枚しかないお金なので、短期的に暴落しても、無価値にはならないです。

かっしー
ですから、安心してビットコインは握れます!僕も2020年からずっと握ってます!!

まとめ

ということで、今回はなぜビットコインは値上がりし続けるのか、買うべきなのかを考えてみました。

内容を簡単にまとめますと、

  • ビットコインは第1次仮想通貨バブルの時と比べて、実需が出てきている
  • 法定通貨はガンガン発行されていくので、2100万枚しかないビットコインは値段が上がり続けざるをえない
  • ビットコインは短期的に暴落しても、銘柄自体が優秀なのですぐに回復して時間とともに最高値を更新し続ける

です。

2017年の第1次仮想通貨バブルの時は、ただのよく分からない金融商品だったのですが、アメリカを中心に実需がモリモリ出てきました。

しかも発行量は無限に増えることはないので、価格は上がり続けています。

かっしー
僕は2020年から握ってますが、2021年11月現在は4倍超も上がってます。

みなさんもビットコイン握って金持ちになりましょう!

ということで、今回はここまでにしておきます。またネットのどこかでお会いしましょう!

(レバレッジ取引はすんなよww)

コインチェック

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

かっしー

大手企業 → ベンチャー企業 → 大手企業という経歴の男です。本業は経理財務で、プログラミングも組めます。エクセルマクロとかは朝飯前です。 2021年、コロナ禍にベンチャー企業から大手企業に転職して、年収も100万円超アップ! 転職活動がかなり得意です!

-仮想通貨
-,

© 2021 サラリーマン無双 Powered by AFFINGER5