仮想通貨

仮想通貨はいくらから買うことができるのか解説【少額から誰でもできる】

今回の記事は下記のお悩みを解決することができます。

  • 仮想通貨投資に必要となる投資の元本は最低でいくらぐらいか?
  • 仮想通貨投資は少額からでも始められるか?

こんにちは、かっしーです。

今回の記事では、仮想通貨に投資をする際の元本はいくらくらいから必要になるかまとめました。

仮想通貨に投資をしようと思っても、値段が高すぎる銘柄があったり、異常に安い銘柄があったりします。

ビットコインは何百万も超えますが、海外の取引所のアルトコインには0.0000X円のものがあったりします。

かっしー
この記事を書いている僕は2020年から仮想通貨投資をしています。投資を始める元本の目安について詳しい自信があります。

【結論】仮想通貨はいくらから始めるべきか

まずは、結論ですが仮想通貨は今後5年以上必要になることがないお金で投資をしましょう。

すぐに普段の生活で必要になってしまうお金では絶対に投資をしないようにして下さい。

ですから、具体的な金額は人によって異なってきます。

10万円を用意できる人もいれば、100万円、1,000万円などの大金を用意できる人もいるでしょう。

仮想通貨投資はハイリスクなので、サラリーマンが一気に1,000万円を突っ込むのはオススメしません。

インデックス投資がある程度育ってから

そもそも「投資」をするにあたり、いきなり仮想通貨から入るのはオススメしません。

まずはインデックス投資で資産が育ってから、さらに余剰資金で仮想通貨に投資をしていくことをオススメしています。

上記のステップを踏まずに仮想通貨の投資をしたいなら、最初に元本を決めておいて投資し、それ以上はつぎ込まないようにした方がいいです。

かっしー
仮想通貨投資は資産の基盤がない人がやるものではありません。

小数点枚数でも買える仮想通貨

仮想通貨の購入枚数のハナシをします。

仮想通貨の中には、500万円超えのビットコインや50万円超えのイーサリアムのような1枚あたりの値段が高すぎるものがあります。

そういう銘柄については一度に1枚を買う必要はなく、少額で小数点単位からの購入が可能です。

ですから、ビットコインを買いたくても高すぎて買えない人は仮想通貨投資を諦める必要はありません。

かっしー
僕は毎月ビットコインを小数点枚数分買っています。

仮想通貨は高いものでも少額から買えることは理解してもらえたと思います。

ここからは具体的な金額を銘柄ごとに考えてみましょう。

ビットコインはいくらから買えるのか

ではまずビットコインが国内の取引所でいくらから買うことができるのか見てみましょう。

ビットコインはみなさんご存知の通り、1枚当たりのプライスが7桁を余裕で超える銘柄になります。

高すぎてフツーの人は手を出しづらい金額になっていますよね。

さて、そんなビットコインはいくらから買えるのでしょうか。

コインチェックの場合

まずはコインチェックのビットコインの最低購入金額を見てみましょう。

公式がネットで公開しているドキュメントには下記の説明があります。

まずは販売所です。

販売所でビットコイン(BTC)を購入する場合の最小取引単位は、0.001BTC以上、かつ日本円で500円相当額以上とされています。

次は、取引所ですね。

取引所で売買を行う場合の最小取引単位は0.005BTC以上、かつ、日本円で500円相当額以上です。

引用元:コインチェックの公式サイト

結論からすると、ビットコインは販売所では0.001BTC以上を買う必要があり、取引所では0.005BTC以上を買わないといけません。

現在の日本円の金額からすると、5,000円は少なくとも買う必要があります。毎月積み立てながら買っていくなら特に買いにくい金額ではありません。

コインチェック

GMOコインの場合

次は、GMOコインでビットコインをいくらから買うことができるのかを解説です。

GMOコインの公式サイトでは、下記のように説明がなされています。

GMOコインの「販売所」サービスにおけるビットコイン(BTC)の最小注文可能数量は0.00001 BTCとなっており、約63円から購入することができます。

引用元:暗号資産(仮想通貨)は高くて購入できない?銘柄ごとの価格と最小購入可能金額 | ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)ならGMOコイン

GMOコインはマジで買いやすいですね。ビットコインが630万円の時に、63円から買えるとのことなので、100円玉1枚を用意すればビットコインを買うことができますね。

イーサリアムはいくらから買えるのか

次はイーサリアムがいくらから買えるのかをみてみましょう。

ビットコインほどではありませんが、1枚当たりの金額が数10万円を超えており高いです。

ある程度お金のある人なら一気に1枚買えますが、フツーの人はそう買えるものではありません。

コインチェックの場合

では、イーサリアムもコインチェックの場合いくらから買えるのでしょうか。

以下はコインチェックの公式の説明です。

たとえば、Coincheckである仮想通貨を購入する場合、取引所での取引最小単位は0.005通貨単位以上で、かつ500円相当額以上とされています。販売所で取引する場合は、0.001通貨単位以上、かつ500円相当額以上です。

引用元:コインチェックの公式サイト

イーサリアムはビットコインのように具体的な説明はありませんが、500円のワンコインから購入することができます。

500円からならサラリーマンでも安心して投資をすることができますよね。

コインチェック

GMOコインの場合

次は、GMOコインでいくらから買えるのかをみてみましょう。

GMOコインの場合は下記の通りです。

価格:1 ETH = 約53万円
最小注文可能数量:0.0001ETH / 回
最小購入可能金額:約53円

先ほど紹介したGMOコインのページから引用しています。

GMOコインは本当に多くの人に仮想通貨の投資をしてもらえるように投資元本が大きくならないように配慮していることが分かりますよね。

リップルはいくらから買えるのか

リップルも有名な仮想通貨として色んな人が知っていることと思います。

この仮想通貨はビットコインやイーサリアムと違って、価格がかなり安いです。

この記事を書いている2022年1月現在は価格が67円くらいなんですよね。

ですから投資元本などは気にすることなく、買うことができます。

かっしー
個人的には長期的な成長はかなり厳しいと考えているので、特に買う必要はないです。

ビットコインやイーサリアムは高くて買いにくい?

さて、ここまでビットコインなどの仮想通貨の主要な銘柄が日本の取引所でいくらから買えるのか確認しました。

「ビットコインやイーサリアムって高くない?買ってももう上がらないよね?儲からないよね?」と感じている方はいますよね。

僕の考えではビットコインやイーサリアムはここまで成長してきた優良銘柄です。

そして、まだまだ人々の生活に浸透をして成長が期待される銘柄です。特にビットコインはかなり期待が大きいです

他のプライスが低すぎるアルトコインなんかより買う価値はかなりあります。

理由については下記の過去記事で解説しています。

あわせて読む
ビットコインは何に使えるのか?【ビットコインの使い道を解説】
ビットコインは何に使えるのか?【ビットコインの使い道を解説】

今回の記事は下記の疑問を解決することができる記事になっています。 ビットコインは何に使えるのか?実社会での需要はそもそもあるのだろうか? 日本ではビットコインがほとんど使用されていないが、他の国ではど ...

続きを見る

かっしー
僕は今のプライスでもビットコインをメインで投資をしていきますね。

価格とプロジェクトの価値は比例する

株と同じような話で、仮想通貨の価格とプロジェクトの価値は比例します。

ビットコインは21年から実需が増えてきて、外国で法定通貨になったり、機関投資家がポートフォリオに組み込んでます。

このようにビットコインは実社会へ浸透をしているためにここまで価格が成長しているわけです。

しかし、他のほとんどのアルトコインは実需がほぼないので、ほとんどが成長しません。

このように、仮想通貨銘柄の価格とプロジェクトの価値は大きく相関するのです。

安すぎる仮想通貨の枚数を増やすのは賢明か?

ビットコインとイーサリアム以外のコインが大して価値がないのは説明しました。

しかし、「アルトコインで億り人になった人たくさんいるじゃないですか!」と反論したくなる人もいると思います。

その通りで、アルトコインは一時的に異常に暴騰をすることがあります。

あるアルトコインの暴騰を予知できて、事前に仕込むことができた人はかなり儲けることができるでしょう。

しかし、日中が忙しいサラリーマンが実現をするのはかなり難しいです。

かっしー
変なアルトコインはほとんどの人が夢を見ますが、お金を溶かして終了します。

アルトコインの枚数が増えた時の満足感に注意

アルトコインは安いので、少額でもかなり枚数を増やすことができます。

そして、アルトコインの枚数が増えると謎の満足感のようなものがあります。「将来的に爆上げするかもしれないコインをたくさん持っているワクワク感」と言いましょうか。

このような満足感には僕は意味はないと考えており、最終的に儲からないと投資としては失敗ですよね。

枚数が多くても価値がゼロに近づいていけば、ただの電子ゴミです。

アルトコイン投資は保有枚数を増やすのが簡単ですが、その満足感には注意して下さい。

ビットコインをまずは買うべき理由

仮想通貨の投資はまずはビットコインを買うべきです。

その理由は何度も書いていますが、実社会へ浸透して人々の生活に影響を与えるのはビットコインしかないからです。

世界中で支払いに使われているのは、ビットコインくらいです。

逆に他の仮想通貨は興味のない人の生活には浸透はしないです。つまり、実需がないに等しい。

他の仮想通貨は後回しでいい

それでもアルトコインに興味のある人がいることは間違いありません。

アルトコインの中には性能の高いブロックチェーンの銘柄もあったりするので、そのようなものは中期的に価格の成長が見込めます。

しかし、スピードの速い業界なので今優秀なブロックチェーン銘柄もそのうち廃れる可能性があります。

長期的にホールドし、投資元本がゴミになってしまう恐れが1番少ないのはやはりビットコインです。

ですから、アルトコインへの投資はひとまず後回しでいいです。

よほど資金に余裕のある人が投資をすればいい。

まとめ

さて、今回は仮想通貨がいくらから投資できるのかをまとめてみました。

仮想通貨はビットコインのような高額なものから、リップルのような低額なものまでワンコインで気軽に投資できます。

もしも、仮想通貨に興味があるなら少額から投資をしていけばオッケーです。

僕は最初は月1万円からビットコインに投資をしていました。これから投資をする人も少額からスタートしましょう。

コインチェック

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

かっしー

大手企業 → ベンチャー企業 → 大手企業という経歴の男です。本業は経理財務で、プログラミングも組めます。エクセルマクロとかは朝飯前です。 2021年、コロナ禍にベンチャー企業から大手企業に転職して、年収も100万円超アップ! 転職活動がかなり得意です!

-仮想通貨
-,

© 2022 新卒大手を辞めた件 Powered by AFFINGER5