仮想通貨

仮想通貨で大損してしまう理由と対策まとめ【絶対に負けない方法】

今回の記事は下記のお悩みを解決できます。

  • 仮想通貨で大損する理由にはどんなものがあるのか知りたい。
  • 仮想通貨で大損しないための方法を知りたい。

こんにちは、かっしーです。

今回の記事では、仮装通貨の投資で大損してしまう理由とそうならないための対策をまとめました。

仮装通貨投資で大損したくない人はこの記事にまとめていることに注意しておけばオッケーです。

かっしー
この記事を書いている僕は2020年から仮装通貨の投資をしていますが、利益を出して勝ち続けています!

仮想通貨で大損してしまう理由

仮想通貨で大損してしまう理由

さて、仮想通貨の投資で大損してしまう理由は以下の通りです。

  • 詐欺師に騙される
  • バブル相場のピークに買ってしまい狼狽売りする
  • ゴックスでなくす

今ここに挙げているのはほんの一部でして、大損してしまう理由は他にもあります。

僕が考えられるもの全てをここから先のコンテンツでまとめています。長いですがお付き合いください。

詐欺師に騙される

詐欺師に騙されて仮想通貨や現金をパクられてしまうケースがあります。

仮想通貨の詐欺の手法はそれこそたくさんあるのですよね。

  • SNSでお金を騙し取る
  • 詐欺プロジェクトが集金して消える
  • エアドロ当選詐欺

詳しく解説をしていきます。

かっしー
他にもたくさんあるのでここには書ききることができません。

SNSでお金を騙し取る

TwitterのようなSNSサービスで詐欺師が絡んできます。

そういうアカウントは「仮想通貨で億った」みたいなプロフになっています。

絡み方としては、「お金を預けてくれたら、運用してビットコインを大量に増やして還元します」みたいな感じです。

このような手口で人のことを騙す詐欺アカウントは大量に存在するので注意しましょう。

詐欺プロジェクトが集金して消える

次は、詐欺プロジェクトがお金を投資家から集めて逃げるケースです。

インターネット上で自由に立ちあげができる、DEX(分散型取引所)のプロジェクトに多い詐欺ですね。

高利回りな資産運用商品を用意しておいて、お金が集まればどこかに逃げてしまう詐欺師がいます。

また、プロジェクトの開始前に独自トークンの販売を広告し、投資家から購入資金をある程度集めることができたらドロンするケースもあります。

これを詐欺かどうか見分けるのはぶっちゃけかなり難しいです。

エアドロ当選詐欺

次はエアドロの当選詐欺ですね。

これは応募すらしていないエアドロの当選連絡が、メールやSNSに届きます。

そして、そのメールにウェブウォレットの秘密鍵の入力をしてくれと指示があります。

ウォレットの秘密鍵は誤って入力すると保有している仮想通貨を全てパクられてしまいます。

かっしー
エアドロ当選したと思って秘密鍵を詐欺師に教えたらそれでおしまいです。

秘密鍵は基本的に教えるものではありませんので注意しましょう。

バブル相場のピークに買ってしまい狼狽売り

バブル相場のピークで買ってしまった場合は、銘柄によっては大損する可能性が高いです。

バブルのピークはその年の最高値であることが多いのと、草コインはバブルの後その値段まで戻るのが難しいです。

草コインをバブルの天井で掴んでしまったら、損切りをしてビットコインなどを買った方が賢いです。

また、ビットコインやイーサリアムはバブルで高値掴みしても長期的に成長をするので何の問題もありません。

ゴックスでなくす

次はゴックスという仮想通貨特有の現象で、仮想通貨自体を紛失して大損するケースです。

ゴックスというのは、仮想通貨の送金時にネットワークの設定を間違えて仮想通貨がインターネットの彼方に消えてしまうことです。

法定通貨では起こり得ないことですが、仮想通貨では起こり得ることなのでなくして損しないように送金時は注意です。

ウォレットのアドレスやネットワークの設定には細心の注意を払った方がいいです。

謎の草コインが無価値になる

謎の草コインが無価値になる

仮想通貨ではよくあるハナシですが、暴騰した草コインがすぐに暴落して無価値になるケースです。

知っている人もいるかもしれせんが、TITANというある草コインが一過性で暴騰して0から40ドルまでいきました。

しかし、ピークの後は価格が40億分の1まで値段が下がりました。現在は、0.00003440円です。

当時TITANに資金を突っ込んでいた人は本当に悲惨なことになっていたでしょう。

かっしー
異常な価格の下落が起こったわけですが、仮想通貨ではよくあることです。変な草コインには初心者は手を出してはいけません。

ハイレバレッジで溶かす

レバレッジ取引で資金を溶かしてしまうことも全然ありえます。

日本の取引所はレバレッジが最大で4倍くらいですが、海外の取引所では20倍から100倍のレバレッジ取引をすることができてしまいます。

レバレッジ取引というのは、基本的にギャンブル性が強いので、素人は負ける可能性の方が高いです。

海外の取引所でハイレバレッジな取引をして大損すると、一気に貧困層に転落するのでマジで注意ですね。

かっしー
仮想通貨投資で勝ち続けている僕はレバレッジ取引はしたことがありません。

ハッキングにより盗まれる

ハッキングの被害によって仮想通貨が盗まれてしまうと、大損しますよね。

最近はほとんど発生しなくなりましたが、仮想通貨の黎明期は取引所でハッキング被害が発生することがありました。

それにより仮想通貨を盗まれる人がたくさん出ました。

しかし、仮想通貨の業界も最近はかなり育ってきていますから、大手の取引所のハッキングはかなり減りました。最近は安心して取引所で投資をすることができます。

小規模な取引所の倒産

小規模な取引所やDEXの倒産により大損することも考えられます。

小規模な取引所というのは、大手の取引所ほどお金を持ってはいないので、倒産することは全然あります。

倒産すると預けていた仮想通貨は引き出せなくなる可能性があります。

会社を閉じる前に出金の指示があるかもしれませんので、もしもの時はアンテナをはっておきましょう。

また、普段から仮想通貨関連のニュースに目を通しておくことも大切です。

仮想通貨で大損したらどうなる

ここまで、仮想通貨で大損をしてしまう理由をまとめました。

仮想通貨で大損をしてしまったら助かるかどうか気になる人は多いですよね。

ぶっちゃけ言ってしまうと、仮想通貨で大損したら基本投資をしたお金は元に戻らないです。

ある仮想通貨の投資の方法以外は基本的にどうしようもできないです。その方法は次の見出しで紹介します。

大損しない仮想通貨の投資方法

仮想通貨で大損しない投資の方法が1つあります。

それは、ビットコインかイーサリアムの現物を買って長期間ホールドする投資の方法です。

これなら暴落をしてもそのうち価格が戻って、さらに含み益になる可能性はかなり高いです。

かっしー
僕は特にビットコインをオススメしています。理由はブログの他の記事にまとめています。
あわせて読む
ビットコインは元本割れしても大丈夫?【ビットコインホルダーの僕がガチ解説!】
ビットコインは元本割れしても大丈夫?【ビットコインホルダーの僕がガチ解説!】

今回の記事では、下記の疑問を解決することができます! ビットコイン投資の元本割れってどんな状態? ビットコイン投資で元本割れしてしまう原因を知りたい。 ビットコイン投資で元本割れする人の特徴を知りたい ...

続きを見る

日本でオススメの取引所

さて、ここで日本でオススメの取引所を紹介しておきます。

それは、コインチェックという取引所です。

ここは、ビットコインの現物取引の手数料がゼロ円です。

また、マネックスグループがバックについてるので、倒産して仮想通貨を引き出せなくなる可能性は低いです。

僕はビットコインのガチホでコインチェックを愛用しています。みなさんも是非!

コインチェック

仮想通貨で大損しないための対策

仮想通貨で大損しないための対策

では、ここから仮想通貨で大損しないための対策を立てる方法も紹介します。

ここに記載することを注意しておけば、基本的に大損することはないはずです。

大損する理由同様に対策も多いです。全部やるとほぼ確実に大損しません。

銘柄の調査を自分で行う

仮想通貨を買うなら銘柄の調査を徹底的にやってください。

仮想通貨のプロジェクトの公式のサイトに行くと、銘柄の解説が載っているはずです。

そこで銘柄のことを知り尽くして下さい、そうすればある程度優良なプロジェクトかどうか嗅ぎ分けることができます。

逆に銘柄の調査をしないと雰囲気で仮想通貨の投資をすることになり、ほぼ確実に損します。

ホワイトペーパーなどは読むのがめんどくさいですが、必ず読むようにして下さい。自分の投資資金を守ためです。

余剰資金で投資をする

余剰資金で投資をする鉄則も守って下さい。

仮想通貨はハイリスクな投資の対象ですから、株式よりも乱高下します。

また、アルトコインは暴落したら元に戻らない可能性が高いです。

ですから、直近で必要になるお金では投資してはいけません。

5年から10年間必要になることはないお金で投資をすることを徹底して下さい。

ハイリスクは投資はしない

ハイリスクな投資は避けましょう。

具体的にはレバレッジや超草コインへの投資はハイリスクな上にギャンブル性がかなり高いです!

当たれば投資資金の100倍リターンが期待できますが、外れたらそのお金はもう戻って来ないことを覚悟しましょう。

特にまだ仮想通貨を勉強しはじめた初心者の方はハイリスクな投資は避けましょう。

バブル相場では買わない

バブル相場では仮想通貨は買わないようにしましょう。

バブル相場で買うと先ほども記載しましたが、ピークを過ぎると仮想通貨が50%以上も暴落することはフツーです。

そこから価格が戻るのはかなり時間がかかります。

今現在がバブルなのかどうかを判断する基準となる情報を発信しているサイトを過去記事でまとめています。仮想通貨の情報収集に役に立つサイトも紹介しています。

あわせて読む
仮想通貨の勉強になるサイトをたくさん紹介【ブックマーク登録必須級】
仮想通貨の勉強になるサイトをたくさん紹介【ブックマーク登録必須級】

今回の記事は下記の悩みを解決することができる記事になっています。 仮想通貨の情報収集に役に立つニュースメディアが知りたい 仮想通貨のプライスを確認することができるサイトを知りたい Defiの情報収集に ...

続きを見る

SNSでいい話が来たらスルー

もしも、SNSで仮装通貨のオイシイ話が来たら全部無視して下さい。

基本的に向こうから来るオイシイ話は全部詐欺ですから信じてはいけません。

もしも詐欺師のことを信じてしまうと、自分のお金を失ってしまうことになります。

かっしー
SNS経由で僕も詐欺師に絡まれたことがありますが、無視しましたね。

SNS詐欺は株式投資の世界でもフツーにいるので、SNSで情報収集するならマジで注意しないとダメです。

初回送金時はテスト送信

仮想通貨を送金する時は少額でテスト送金をして下さい。

この対策はゴックスでの大損を防ぐためですね。

少額でテスト送金して問題がなければ、次に本格的に送金をしましょう。

この対策をとることで僕はこれまでにゴックスで仮想通貨を失ったことはありません。

まとめ

さて、今回は仮装通貨で大損をしてしまう理由と、そうならないための対策をまとめました。

今回の記事でまとめた大損の理由と対策は多いですが、仮想通貨をこれからはじめる人はよく読んでおきましょう。

また、大損することはない投資の方法である「ビットコインとイーサリアムのガチホ」も紹介しておきました。仮想通貨はよく分からなくて怖いけど、投資で儲けたい人にはオススメの方法です。

それでは皆さん良い仮想通貨投資ライフを!

コインチェック

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

かっしー

大手企業 → ベンチャー企業 → 大手企業という経歴の男です。本業は経理財務で、プログラミングも組めます。エクセルマクロとかは朝飯前です。 2021年、コロナ禍にベンチャー企業から大手企業に転職して、年収も100万円超アップ! 転職活動がかなり得意です!

-仮想通貨
-, ,

© 2022 新卒大手を辞めた件 Powered by AFFINGER5