仮想通貨

Defiのガス代について説明してみた!【ガス代はマイナーへの〇〇】

この記事は下記の疑問を解決することができます。

  • Defi投資で発生するガス代ってそもそも何なのか?
  • Defi投資ではなぜガス代が発生するのか?
  • イーサリアムのガス代がめっちゃ高いけど、ガス代が安いネットワークはないか?

こんにちは、かっしーです。

今回は「Defi投資のガス代」について情報をまとめてみました。

Defiをこれからスタートしようとしてネットで情報収集をしてると、手数料の情報として「ガス代」という言葉をよく見たり、聴いたりすることと思います。

「ガス代」とだけ聴いてもそもそも何の手数料なのかわかりませんよね。

ですから、この記事ではDefi投資におけるガス代とはそもそも何なのかをメインテーマに情報をまとめました。

かっしー
この記事を書いている僕は2020年から仮想通貨への投資をしており、現在はビットコインをはじめ他の通貨を持っており、Defi投資も実践しています!

▼仮想通貨を初めて買うならコインチェック!▼

コインチェック

Defiのガス代とは?

Defiのガス代とは?

そもそも、Defiのガス代とは何かと言うと、仮想通貨のネットワーク内で取引発生時に払わないといけない手数料のことです。

実際にDefiをやっている人には分かるのですが、

  • トークンを別のトークンに両替
  • トークンをあるプールで運用に回す
  • トークンを友達のウォレットに送金

などトークンを仮想通貨のネットワーク内で動かすとき「ガス代」は発生します。

具体的には、送金の際などにウォレットの画面で”gas fee”と表示されるので、承認ボタンを押すことになります。

ここで承認ボタンを押してガス代を払わないと、送金はできません。

残念ながら、ガス代は避けることができない仕組みになっています。

ここからガス代の詳しいことを書いていく前に、ブロックチェーンの基本をちょっとおさらいします。

ブロックチェーンの基本を復習

ブロックチェーンというのは、「国家や政府、大手金融機関の中央集権的なコントロールを受けずに、世界中に存在する無数のコンピュータで取引の記録を作って、管理する技術」ですよね。

僕がこの記事を書いている今も、膨大な取引が世界中のパソコンによって記録・保存されていってるんですよね!

取引の記録を作っていくこと自体は「マイニング」と呼ばれ、それをする人を「マイナー」と呼びます。

また、このプロセスは国家や政府のコントロールは基本的に受けません。

「仮想通貨をどれくらい発行するのか?」や「どんな速度で仮想通貨のブロックチェーンを作っていくのか?」などのことは仮想通貨のプログラムや仮想通貨を開発している・持っている人が決めます。

ブロックチェーンの世界観や技術について簡単にイメージを掴んでいただけたでしょうか?

ガス代はマイナーへの報酬

では、なぜマイナーはわざわざ見ず知らずの人のために仮想通貨のマイニングを行っていくのでしょうか。

もちろん、ボランティアでやっているのでは一切ありません。

しかも、マイニングは相当なお金がかかります。高性能なパソコンや高額な周辺機器が必要ですし、ものすごい電気料金がかかります。

ものすごいコストをかけて仮想通貨のマイニングをわざわざ行うのは、報酬がもらえるからですね。

そして、その報酬というのは僕たちがDefiで投資をする際に払っているガス代なわけです。

要は、ガス代はマイナーに対するお礼だと考えましょう。

かっしー
銀行のような中央集権的なシステムを使っていると銀行間の送金などでガス代なるものを取られることはありませんが、仮想通貨の世界では必ずガス代が発生します。

ガス代の正式名称

ネットでDefiについて調べていると、今回テーマにしている手数料は「ガス代」という表記です。

しかし、正式な名称は”gas fee”です。

そして、”gas”というのは仮想通貨の取引量のことです。

取引をマイナーに記録してもらうときの報酬は自分から設定します。厳密にはウォレットが勝手に設定してくれています。これを”gas price”と言います。

そしていわゆる「ガス代」は、

gas(取引の容量) × gas fee(自分が設定した報酬)

の計算式で決まります。

高騰するイーサリアムのガス代

Defiのガス代で避けて通れない話題が、イーサリアムのガス代がものすごい高いことですね。

Defiがものすごい流行った20年下期から21年の初頭では、イーサリアムのガス代が1回あたり100ドル以上かかることがザラだったみたいです。

これは、イーサリアムネットワーク内でのDEXやNFTマーケットが流行り、高いお金を払ってでも送金記録を早く作って欲しい人がたくさん増えました。

結果的に、高いガス代を払わないとそもそも取引の記録を作ることができない状態になったのです。提案するガス料金が低いとマイナーが相手にしない状態だったのです。

また、これに加えてイーサリアムは現状取引の記録を安く・早く作ることができないという技術的な問題を抱えているのも原因として考えられます。

ガス代の安いネットワーク

「イーサリアムのネットワークではガス代が高すぎて、まともにDefi投資ができない」

という方多いと思います。

僕もDefiを始める前にリサーチしていて、「イーサリアムの中は手数料高すぎて、まともに投資できないな、、」と感じたものでした。

そういう方は、

  • BSC
  • FTM
  • Avalanche
  • HECO

などの新興のブロックチェーン上で投資をすると、ガス代を格安に抑えることが可能です。因むと、僕はBSCです。

ただ、ブロックチェーン自体の通貨の価値が上がっていき、参加者が増えるとイーサリアムと同じようにガス代は上がっていきます。

難しいですが、今のうちにこれから伸びそうなチェーンにはっておくといいかもしれません。

「そんなの当てられないよ!」という方は、BSC上でpancakeswapでCAKEを焼きましょう!

ガス代が無料のネットワーク

ガス代が無料のネットワーク

なんと、ガス代が無料のネットワークが存在するみたいです。

“EOS”というチェーンの中では、ユーザーはガス代を払う必要がないみたいです。

“EOS”の世界では、ガス代を支払うのはユーザーではなく、取引記録を作ったマイナーになるそうですね。

中国と韓国で流行っているみたいですが、他の国ではそんなに有名ではないです。

ユーザーから報酬を受け取ることができないマイニングは、マイナーにメリットがないので流行るかどうかは怪しいというのが僕の考えです。

仮想通貨・Defiをやってみたい?

実際に仮想通貨を買ってみたいとか、Defi投資をしたいと思った方はいますか?

そういう方はまず日本の国内取引所の口座を開設しましょう。

取引所はコインチェックがオススメです!

コインチェックがなぜオススメなのかというと、

  • 仮想通貨の現物取引の手数料が無料!
  • 東証1部のマネックスグループの傘下なので何かあった時も安心!
  • 取り扱い通貨が豊富!

だからです。

他にもメリットは盛り沢山です!

下記のリンクからサクッと口座を解説しちゃいましょう!

コインチェック

まとめ

今回の記事では、Defi投資のガス代について考えてみました。

簡単におさらいすると、defi投資で発生するガス代は、マイニングをしてくれる人への報酬です。これさえ理解できればオッケーです。

Defiは参加者全員で運営するような面があるので、ちょこちょこと手数料の払いが発生するのは仕方ないです。

また、Defiは高利回りに資産運用できるので、ガス代は高すぎなければそれほど問題ではなくなります。

今回はここまでにしておきます。またネットのどこかでお会いしましょう!

↓僕のウォレットアドレスです。BEP20でBNBやBUSDを恵んで頂けると励みになります!

0x66DA5655b2e48ae200f5521E2b4eA18800549633

コインチェック

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

かっしー

大手企業 → ベンチャー企業 → 大手企業という経歴の男です。本業は経理財務で、プログラミングも組めます。エクセルマクロとかは朝飯前です。 2021年、コロナ禍にベンチャー企業から大手企業に転職して、年収も100万円超アップ! 転職活動がかなり得意です!

-仮想通貨
-,

© 2021 サラリーマン無双 Powered by AFFINGER5