キャリア 転職

ITリテラシーが低い会社では長く働かない方がいいハナシ、、

今回の記事を読めば下記の悩みを解決できます。

  • ITリテラシーの低い会社で働き続けることにはどんなデメリットがあるだろうか?
  • ITリテラシーの低い会社に入ってしまい、将来が不安である、、
  • ITリテラシーの低い会社に入ってしまったが、転職した方がいいだろうか?

こんにちは、かっしーです。

今回は、「ITリテラシーが低い会社では長く働かない方がいい」というテーマで記事を書いてみました。

かっしー
この記事を書いている僕が新卒で入社した大手企業は規模が大きかったもののITリテラシーが高いとは言えませんでした、、そこからITベンチャー →
大手企業とキャリアを積むことでITスキルは上がり、現在は経理の仕事をしながらSAPを操っています!

早速結論から入っていきます。

結論:ITリテラシーが低い会社では長く働かない方がいい

さて、先日僕は下記のツイートをしました。

ITリテラシーが低い会社で働いていると、個人としてはパソコンスキルが上がらないですし、進んでいく社会のIT化の波に取り残されてしまいます、、

PCスキルが身に付かないのは今の時代ではかなり致命的なハナシになりますので、ITリテラシーが低い会社では長く働かない方がいいというのが僕の考えです。

そもそも会社におけるITリテラシーとは?

では、そもそも会社におけるITリテラシーとは何なのかを考えてみます。

僕の考えでは、

  • エクセルについてはみんな関数を最低限は使いこなせる
  • ショートカットを使用して、パソコンを効率よく操作できる
  • ITセキュリティの最低限の教育・研修を受けている
  • 社内の情報の取り扱いにキッチリしている

の4項目が会社における最低限のITリテラシーになります。

上記の4項目が揃っていれば、その会社のITリテラシーはしっかりしていると言えます。

ITリテラシーが低い会社の特徴

ITリテラシーが低い会社の特徴

では、逆にITリテラシーが低い会社の特徴について考えてみましょう。

先ほどは会社のITリテラシー4項目を挙げましたが、その4項目を満たせていない場合その会社はITリテラシーが低いと言えます。

具体的にどんな状況かと言いますと、

  • エクセルは関数すら使いこなせない人が多い
  • ショートカット・ブラインドタッチができない人が多い
  • ITセキュリティの最低限の教育・研修を受けていない
  • 社内の情報の取り扱いがユルユル

といった感じになります。前の見出しで考えたITリテラシー4項目を満たせていないですよね。

1つずつ深掘りしていきますが、上記の項目が1つでも当てはまる会社で働いているならマジで注意です。

エクセルは関数すら使いこなせない人が多い

1つ目は、エクセルは関数すら使いこなせない人が多いことです。

今の時代は会社で仕事をすると言ったら、エクセルからはほぼ絶対に逃げられないです。

そして、エクセルで仕事をするとなったときにvlookupifsumifなどの関数を器用に使えるとそれだけで仕事の効率が爆上がりです。

しかし、逆に関数が使えないとなると全ての作業を手作業で行う必要が出てきて、仕事が遅くなるだけでいいことが何もありません。

エクセルの関数スキルがない人が多いなら、その職場はマジで注意です、、

ショートカット・ブラインドタッチができない人が多い

次の注意ポイントは、ショートカット・ブラインドタッチができない人が多いことです。

パソコンには「ショートカット」という機能が標準で準備されており、

  • ctrl + oでファイルを開く
  • ctrl + sでファイルやWEBページの保存
  • ctrl + wでファイルやWEBページのクローズ

ができたりします。

このショートカットをマスターするとパソコンの操作が格段に速くなり、仕事もつられて速くなります。

しかし、これができないとエクセルの関数と同じ原理で仕事が遅いまま何も向上しません。

また、ブラインドタッチも同じ話です。

キーボードを見ずにスムーズにパソコンで文字を打つことができれば、できない人と比べメールやチャット、ワードの文章の作成が何倍も速くなります。

ブラインドタッチができない人は、下を向きながらダラダラ文章を作成することになります。残念なハナシですが、、

ITセキュリティの最低限の教育・研修を受けていない

次の注意点は、ITセキュリティの最低限の教育・研修を受けていないことです。

これの何が危険なのかというと、会社のパソコンでしていいことといけないことのカテゴライズができずに、気づかぬうちに犯罪を犯してしまっているなんてことがフツーに起こりえます。

例えば下にあげる行為が別にやっても何の問題もないと考えているなら要注意です。

  • 会社のパソコンに自宅のUSBを差し込んでエクセエルファイルを持ち帰る
  • 在宅勤務中に会社の資料を自宅のコピー機で印刷する
  • 会社の資料をメールで自分のPCメールに送る

これらの行為は情報セキュリティの遵守という観点では完全にアウトです。

もしこれらの行為によって問題が発生したら、会社から損害賠償請求を食らってしまっても文句は言えません。

4つ目の注意ポイントである「社内の情報の取り扱いがユルユル」も今のべたことに該当します。

僕の体験談:ITリテラシーはそんなに高くなかった大手企業

僕が新卒で入社した大手企業のことを振り返ってみます。

ぶっちゃけ会社の規模は相当デカかったのですが、個々人のパソコンスキルはそれとは完全に反比例していましたww

上司や先輩はパソコンスペックが微妙でした。

上司はエクセルの関数やショートカットがほとんど全く使えなかったので、マウスでちまちまエクセル作業をしていました。

例えば、エクセルで表の全体を一気に選択をするときは、ctrl + Aのショートカットですみます。

が、しかしショートカットをあまり知らないその上司は表の全体を選択するときに、表の左上から右下までマウスで律儀にカーソル選択をするのです、、

ショートカット一発で済むことをマウス操作でダラダラしているのです、、悲しいかな、、

お子さんが2人いらっしゃるいいパパの方でしたが、パソコンについては参考になりませんでした、、

上司がそんな感じでしたので、先輩もマウスでチマチマ作業をしている感じでした。

僕は自分で勉強した

上司・先輩が参考にならないなら、僕はどうしたかと言うと自分で勉強をすることにしました。

うん、そうするしかなかったwwだって上が参考にならないんだもん!

幸いにも本屋にはエクセルで参考になる本がたくさんあり、買って読んで手を動かして自分で勝手にスキルアップを進めていました。

また、最近はYouTube上にクオリティの高い動画教材があがるようになってきました。そういうものも見つつ手を動かしてましたね。

そして、ショートカット・関数・自家製マクロをマスターして、上司・先輩がダラダラ残業しているのを脇目に定時で帰宅してさらにスキルアップを進めていましたww

なんか自分のことがいかにもすごかった書き方になっていますが、事実です、、

ここでは別に自分のことがすごいと主張したいのではないです。

かっしー
みなさんもパソコンスペックを圧倒的に上げたいなら、上司や先輩には期待せずに自分で勉強した方がいいです。

ITリテラシーが低い会社に居続けることの危険性

さて、ここからはITリテラシーが低い会社に居続けることの危険性について考えてみましょう。

それは、

  • パソコン・ITスキルが全然上がらない
  • 仕事がいつまでも非効率
  • 会社が危うくなったら転職できなくなる可能性がある

です。1つずつ深掘りします。

パソコン・ITスキルが全然上がらない

1つ目のリスクですが、働いても働いてもITスキルが向上しないことですね。

今後ITに強い人材は強く求められるのは間違いないですし、ITスキルが低いと時代の流れに取り残されて相手にされなくなります。

つまり、ITスキルが上がらないようなITリテラシーの低い会社で働き続けるのはマジで致命的なことで死活問題につながることなんだと認識をした方がいいです。

これは別に脅しでも何でもないです。

かっしー
嘘だと思うなら、5年後10年後に答え合わせをしましょう!

仕事がいつまでも非効率

2つ目のリスクは、仕事がいつまでも非効率で改善されないことです。

先ほども書きましたが、パソコンの操作が上達すればするほど仕事のスピードは速くなってきます。

しかし、逆のこと言えてパソコンの操作がうまくならないと、仕事のスピードも全然上がらないです。

つまり、ITリテラシーが低くて、働いてる社員のITスペックが上がらないような会社に居続けても仕事が早くならずに人生の効率が上がらないです、マジで。

かっしー
ITリテラシーが高くて、効率よく仕事をしている会社の人よりも相対的に損することになります。業務改善の能力も身につかないので悲惨です、、

会社が危うくなったら転職できなくなる可能性がある

次のリスクは会社が危うくなったときに転職ができなくなる可能性が高いことです。

今の時代はITスキルは必須の基礎スキルみたいなところがありますので、ないと転職で相手にされずキツいです。

もしも、働いている会社が危うくなった時に転職して別の会社に行けなくなったらキツいですよね。

ITリテラシーの低い会社に入ってしまったら、、

ITリテラシーの低い会社に入ってしまったら、、

ITリテラシーの低い会社に入ってしまった人は、自分でITスキルの勉強をしつつ、並行して転職活動してみることをオススメします。

ITリテラシーの低い会社に入ってしまっても、転職活動と自分磨きをしておけばいざ会社が危うくなってもサッと別の会社に転職することが可能です。

下に僕のオススメの転職エージェントをリストアップしておきますので、一度転職について相談してみるといいでしょう。

転職エージェントの利用は相談のみでいいので安心して利用できます。本格的に転職活動をしなくても全然問題ありません。

特にマイナビAGENTさんは親身に相談に乗ってくれるのでオススメですよ!

まとめ

さて、今回は「ITリテラシーが低い会社では長く働かない方がいい」というテーマで記事を書いてみました。

今回の記事をまとめると、ITリテラシーの低い会社に現在在籍しているなら、

  • ITスキルがつかない上に仕事が非効率にしかならない
  • いざというときに転職できない可能性がある
  • 転職活動と自己研鑽に普段から励んでおくこと

ですね。

ITリテラシーの低い会社で働いているならマジで危機意識を持って、自分磨きと転職活動を頑張りましょう!

今回はここまでにしておきます。またネットのどこかでお会いしましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

かっしー

大手企業 → ベンチャー企業 → 大手企業という経歴の男です。本業は経理財務で、プログラミングも組めます。エクセルマクロとかは朝飯前です。 2021年、コロナ禍にベンチャー企業から大手企業に転職して、年収も100万円超アップ! 転職活動がかなり得意です!

-キャリア, 転職
-,

© 2021 サラリーマン無双 Powered by AFFINGER5