働き方 転職

私服勤務のメリット・デメリットを経験者が語る【辞められないww】

こんにちは、かっしーです。

今回この記事では、「私服勤務のメリット・デメリット」について考えてみたいと思います。

今回の記事は、

  • 私服勤務の会社への転職を検討しているが、どんなメリット・デメリットがあるのか?
  • 私服勤務の会社に転職をしたい!

という問題意識を持っている方にはマジで有益な記事になっていると思います。

かっしー
この記事を書いている僕は、前職のITベンチャーと現職の大手製造業にて私服で働いており、メリット・デメリットには詳しいです!

僕が私服勤務できた経緯

why-sihuku-kinmu

まずは僕が私服勤務できるに至った経緯を書いてみたいと思います。

僕は新卒で大手の総合電機系のメーカーで働いておりました。

そこはクソ真面目体質の会社でしたので、スーツでずっと働いていました。

そして、そこで1年7ヶ月働いた後にベンチャーIT企業へ転職しました。

そこは入社当初から中途の僕は私服勤務でしたが、新卒で入社した人は全員2年間はスーツという規則でした。

ここから僕の私服勤務ライフはスタートしたわけです。

そしてそのベンチャー企業は1年2ヶ月で嫌になり、また大手の半導体メーカーへ転職しました。

僕はその会社は歴史のあるメーカーでしたので確実にスーツ勤務だろうなと思っていたのですが、なんと服装自由でした。

新卒で入社した大手を辞めてからは、ずっと私服勤務です。

私服勤務ができるのはIT業界だけではなかった

IT系の企業は私服勤務のところが多いです。

これは割と有名ですよね。

IT企業は他の業界よりも若い会社が多く、働いている人も若い人がほとんどですから効率をかなり重視しています。効率を重視した結果、私服勤務が浸透しているイメージ。

ですからIT企業の場合は私服勤務ではない会社を探すのがかなり難しいですし、私服勤務じゃないIT企業はビミョーです。

また、僕は現在働いている半導体メーカーに転職したところバックオフィスは私服勤務だったわけです。

そして気づいたのは私服勤務しているのはIT業界だけではなかったということです。

日本で歴史の長いメーカーが私服勤務なので、他にも探せば必ずあります。

私服勤務のメリット

では、私服勤務のメリットを考えてみたいと思います。

それは、

  • 会社に行く時の支度が楽
  • スーツよりは涼しい
  • リラックスして仕事できる
  • ネクタイに首を絞められない
  • 服・革靴にお金がかからない

になってくると思います。深掘りしていきます。

会社に行く時の支度が楽

会社に行くときの支度が超楽チンです。

コレが最大のメリットですね。

私服勤務してからというもの、2分以内で着替えて家を出ることが出来ています。

しかし、スーツの時はネクタイやジャケットなどを着たりしないといけないので支度にとにかく時間がかかっていました。

かっしー
私服勤務になると会社に行く準備で時短できて最高です!

スーツよりは涼しい

次のメリットは、涼しいことですね。

特に夏。

新卒で入社した会社は夏に入ってもしばらくはスーツを着ないといけない会社でしたので、ぶっちゃけマジで暑かったです。

会社行く時毎日汗かくのでシンドい。

しかし、私服勤務になってからはその日の気温に合わせて着る服を自分で決められるので、「汗をかきまくってシンドい」とかはなくなりました。

リラックスして仕事できる

次は、リラックスして仕事できることです。

スーツで働いていると肩がめっちゃ重いです。

ジャケットは軽くないです。肩にけっこう負担がかかります。

しかし、私服勤務をしていると物理的に重たいものは何も身につけていないので仕事しやすいです。

ネクタイに首を絞められない

ネクタイに首を絞められないのも、私服勤務のメリットです。

スーツの会社で働いていた時は、いつも奴隷のようにネクタイで首をしめながら働いていたのを思い出します。

しかし、私服勤務をしているとムダに自分の首を絞めるものはないです。

かっしー
私服勤務になってからは、働いていて「資本主義社会の奴隷だ〜」と感じることは少なくなりました。

服・革靴にお金がかからない

次は金銭的なメリットですね。

スーツ勤務になると背広や革靴、シャツなどを揃えないといけないのですが、あの辺全部高いです。

イオンとかならセール時に安く手に入りますが、定価とか高すぎて買うのがシンドいです。懐に大打撃です。

しかし、私服勤務になってからは全てユニクロで安く服を調達しているので金銭的な負担が軽くなりました。

私服勤務のデメリット

sihukukinmu-demerit

次はメリットに続いて私服勤務のデメリットを考えてみます。

それは、

  • 私服の組み合わせを考えないといけなくなる
  • 洗濯物が増える
  • 実は仕事の緊張感がなくなっている?
  • スーツ勤務に戻れなくなる、、
  • 転職する時にスーツに慣れておらず困る
  • オシャレ度が露呈してしまう

ですよね。これらも深掘りしていきます。

私服の組み合わせを考えないといけなくなる

まず1つ目のデメリットは、私服の組み合わせを考えないといけないことですね。

要はオシャレに頭を使わないといけなくなります。

オシャレを考えるのが好きな人にはいいですが、そうでない人には苦痛です。

本当に気にかけない人にとっては何のデメリットにもなりませんが。

洗濯物が増える

次のデメリットは、「洗濯物が増える」ことです。

私服勤務になると着ているものを毎日洗濯する必要があります。ユニクロのポロシャツやネルシャツは毎日洗わないとダメです。

背広なら毎日洗わないですよね?

実は仕事の緊張感がなくなっている?

次のデメリットは、「実は緊張感がなくなっている」ことです。

私服勤務の場合は、オンオフの切り替えが難しくなります。

仕事にはあまり向かない派手な服を着ていても注意されないので、場合によっては休日気分で働けます。

私服勤務の会社には少ないですが、明らかにオフモード感を出している人が一定数いるのも事実。

スーツ勤務に戻れなくなる、、

次のデメリットは、「スーツ勤務に戻れなくなる」ことです。

やはり私服勤務は楽ですから、一度味をしめるとスーツ勤務にはできることなら戻りたくないです。

スーツ勤務の会社に抵抗を感じるようになると、転職活動する時に選択肢がかなり狭まってしまいます。

かっしー
私服勤務にはある種の依存性があります、、

転職する時にスーツに慣れておらず困る

次のデメリットは、「転職活動する時にスーツに慣れていなくて困る」です。

私服勤務をしていると、スーツを着ることはまずないです。

ですので、転職活動しようと思ってもスーツに慣れていないので、着こなしの点で毎日着ている人に負けます。

オシャレ度が露呈してしまう

最後の私服勤務のデメリットは、オシャレ度が露呈してしまうことですね。

気にしない人は別にいいのですが、オシャレが苦手でそれを気にする人にとってはかなりキツいですね。

まあでもあくまで私服勤務とはいえ会社は働く場所であって合コンの会場ではありませんので、オシャレが苦手な人も気にする必要とかはないですがね。

かっしー
僕は私服勤務になってからいつもユニクロですが、自分のオシャレのレベルとかは気にしたことはないです。

スーツ勤務のメリット

次は私服勤務の対局の、スーツ勤務のメリットを考えてみたいと思います。

スーツ勤務が嫌いな人は、「スーツ勤務のメリットなんかないだろww」と思っている人もいそうですがちゃんとメリットはあります。

それは、

  • 着る服を毎朝考える必要がない
  • 緊張感を持ちながら仕事ができる

になります。1つずつ考えてみます。

着る服を毎朝考える必要がない

スーツ勤務なら、私服勤務のように着る服を考える必要とかはまずないですね。

毎朝機械的に決まったシャツと背広を着て、靴を履けばいいだけです。

服選びに全く頭を使わなくていいです。

緊張感を持ちながら仕事ができる

もう1つのスーツ勤務のメリットは、緊張感を持ちながら仕事ができることです。

私服勤務していると思いますが、スーツ勤務の時はやはり毎日緊張感がありましたね。

メリハリをつけて仕事に集中している感覚を持っていたような気がします。あくまで「気がする」ですがww

スーツ勤務のデメリット

スーツ勤務のメリットを考えでみましたので、次はデメリットを考えでみたいと思います。

それは、

  • 毎朝会社に行く支度がシンドい
  • とにかく暑い
  • 革靴と背広が高い
  • クリーニング代がかかる

だと思います。スーツ勤務のデメリットも深掘りしていきます。

毎朝会社に行く支度がシンドい

スーツ勤務のデメリットは何よりも、「会社に行くときの支度がしんど過ぎる」ことですね。

真夏ギリギリまでネクタイはしっかりとしめないといけませんし、ジャケットもいります。革靴はケアりながら履かないと、傷みます。

これだけで時間がかかります。

その上「ちゃんとスーツを着こなせているか?」とか、「ネクタイはキレイにしまっているか?」とかをチェックしないとダメです。

かっしー
スーツ勤務はマジで非効率ですよね!

とにかく暑い

とにかく暑いこともスーツ勤務のデメリットになります。

特に8月。

最近はクールビズで真夏はネクタイ不要になりましたが、それでもフォーマル用のシャツは暑いですし、ズボンはすぐに汗かきますし、靴は蒸れてすぐに脱ぎたくなります。

しかし、私服勤務でユニクロのポロシャツとか着てたら超涼しくて真夏でも困らない。靴はスニーカーで問題ないです。

体温調整が難しいこともスーツ勤務のデメリットです。

革靴と背広が高い

私服勤務のところでもちょろっと書きましたが、スーツ勤務はお金がかかります。

イオンとかでもスーツを手に入れるとなると、諭吉が必要になります。

スーツ用のシャツも安くないです。ユニクロのポロシャツと比べたらめちゃ高い、、

しかも革靴に至っては諭吉複数枚とか普通にしますよね。こだわる人だと諭吉10枚以上とか払ってます。

かっしー
スーツ勤務はやろうとすれば、ナンボでも課金ができちゃいますww

クリーニング代がかかる

スーツ勤務はクリーニングに手間とお金がかかります。

シャツやジャケットはみなさんクリーニング屋に洗濯を丸投げすると思うのですが、シャツは1枚100円から110円かかりますしジャケットはたしか数千円かかっていた記憶があります。

買うのが高い上に、維持管理コストもバカになりません。

自分で洗濯をしようとしたらかなり時間かかります。

若い人が多い会社の私服勤務はシンドいかも、、

wakaishokuba-sihukukinmu

ここまで私服勤務とスーツ勤務のメリット・デメリットを見てきて、私服勤務がいかに優れているのかを見てきました。

私服勤務は最高なのですが、若い人が多い会社の私服勤務はちょっとシンドいかもです。

というのも、若い人は自然と服にお金をかける傾向があるので、若い人が多い職場は派手になりがちです。

こういうところにオシャレにあんまり興味のない人が入ってしまうとシンドいかもです。

私服勤務の職場ではスーツはNG

私服勤務の職場では、スーツで出社しないようにしましょう。

それは何故かというと、

浮く

からですね。

私服勤務の職場なのにスーツで毎日出社していると、下手したらイジられキャラになり不愉快な思いをする可能性大です。

スーツでずっと社会人をやってきた人も、私服勤務の職場では私服で通勤しましょう!

私服勤務したいならどうする?

この記事を読んでいて私服勤務をしたくなったら、転職活動してみましょう。

具体的には、自分でネットを使用して私服勤務の会社を探します。

会社の情報を探すには、

というサイトで実際に会社で働いた人の口コミを見てみましょう。会社の文化に関する有益な情報が見つかります。

ネットで調査をしたら、次は転職エージェントの方からその会社が本当に私服勤務かどうかを教えてもらいましょう。

転職エージェントは普段から企業の人事の人と会っているので、会社の内部の情報を知っている可能性が大です。

特に大手のマイナビエージェントは結構オススメですね。

転職エージェントの方に質問してみて私服勤務であることを確認したら、実際に転職活動をしてみるといいですね!

まとめ

今回は私服勤務とスーツ勤務それぞれのメリット・デメリットを考えてみました。

やはり私服勤務の方が圧倒的にメリットが多いかなと僕は思っています。

私服勤務のメリットはたくさん挙げることができましたが、スーツ勤務のメリットで考えついたのは2つだけです。

合理性とか時短、節約という面では、スーツ勤務は絶対に私服勤務には勝てないです。

クソ真面目な日本ではまだまだ私服勤務できないところが多いですが、増えていくと働きやすい国になってくるでしょう!

ということで今回はこの辺にしときます。またどこかで!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

かっしー

大手企業 → ベンチャー企業 → 大手企業という経歴の男です。本業は経理財務で、プログラミングも組めます。エクセルマクロとかは朝飯前です。 2021年、コロナ禍にベンチャー企業から大手企業に転職して、年収も100万円超アップ! 転職活動がかなり得意です!

-働き方, 転職
-,

© 2021 サラリーマン無双 Powered by AFFINGER5