資産形成

金融資産1,000万円に達して変わったこと、感じること

こんにちは、かっしーです。

ラジオの方では以前の収録で話をしていますが、今年の3月に金融資産1,000万円に到達しました。

27歳と半年ほどで達成です。

ネットで検索をしてみますと、20代で金融資産が1,000万円を超えている人は、20代全体の1%程度しかいないみたいです。

今回は20代で金融資産1,000万に到達して起こったメンタルや人生の変化について語っていきたいと思います。

圧倒的メンタルの安定

一番大きいのは「メンタルの安定」ですね。

金融資産1,000万に達してからは以前よりも心が落ち着くようになってきました。

これまでは生活や仕事の中でうまくいかないことがあると、イライラすることが多々あったのですが、ほぼ無くなりましたね。これマジです。

以前、脳科学者の茂木健一郎さんの書籍に書いてあるのを読んだことがありましたが、金融資産の額とメンタルの安定感は相関性があるみたいです。

若干の不安もある

「じゃあ、何の不安もないのかよ。それっておかしくない?」と感じる方はもちろんいると思います。

先ほど書いたようにほぼ無いのですが、若干の不安はもちろんあります。

それは、「投資している投資信託の今後」ですね。

僕は日本の運用会社が提供している世界株に投資をしているのですが、アメリカの資産運用会社が提供しているものではないので若干不安です。

今後はバンガードのような企業が提供しているETFも買ってみようと考えています。

他人に嫉妬しなくなる

他人への嫉妬が完全になくなりました。

それまでは、SNSで顔の知らない誰かが金持ち自慢のツイートをしているのを見るとかなり悔しいなと感じていたのですが、今はそんなことはありません。

現時点で金融資産が1,000万円あり、運用資産が700万円ほどあるので老後には十分な金額になる見込みです。

もはや自分以外の金持ちに嫉妬する必要などないのです。

ハングリー精神が薄れる

これは金持ちになってしまうことのデメリットかもしれません。

ハングリー精神が薄れてしまって以前よりも、「金・金・金」ではなくなってきています。

心の中が「金・金・金」となっていると人間は仕事などの日常の活動を頑張ることができると思いますし、僕は以前そうでした。

もちろん今も真面目に仕事はしていますが、最近は金のことで頭を支配されるということはなくなりましたね。

かっしー
無駄に株や仮想通貨のチャートばかり職場の休憩時間に見ていた時期がありましたが、そんなことはしなくなりましたね。

家族や友人に尊敬される

家族や友人に尊敬されるようになってきました。

20代で金融資産1,000万円を超えるのは容易なことではないので、達成した事実を伝えると褒められます。

褒められたから何かあるのかときかれたら、まあ別に何もないです(笑)。

メタボだった人がダイエットして筋トレして引き締まった体を手に入れると、尊敬されますよね。アレと同じような状態です。

必死に残業しなくてもよくなる

会社での話になりますが、金融資産1,000万円に達してからは必死に残業をする必要はなくなってきました。

以前までは「蓄財・資産形成・金」のことばかりが頭の中にあり、上司から仕事をお願いされてもただただイエスマンでした。

しかし、最近は経済的な安定基盤を築いたので「必死に残業する必要はないな」と感じるようになり、早く帰って趣味の時間を作るようにしています。

かっしー
やはり趣味の時間を作るようにした方が人生のクオリティは増しますね!

転職しても余裕だなと感じるように

転職しても平気だなと感じるようになりました。

というのも、20代の現時点で金融資産1,000万円を超えたので、「金がないから今の会社にしがみつかなければ」といった依存心がないからです。

ぶっちゃけ心身の不調が訪れた時に別の会社に転職しても何も怖くないですね。

かっしー
経済的な安定は転職の自由を兼ねています。自分が生きたいように人生を生きることができるので素晴らしいことです。

お金を逆に使わなければと思うようになる

自分でも驚いているのですが、「問題のない範囲でお金を使わなければならない」と感じるようになってきました。

これまでの調子で資産形成や貯金ばかりしていて、一切無駄づかいせずに、死ぬ前に数億円を持っていても意味ないですよね。

最近はこのように考えるようになり、厳格な家計管理を継続しながら問題のない範囲で浪費にも励むようにしています。

ちょっと高い単行本を平気で買ったりするようになりました。

よく日本人は死ぬ前に一番お金持ちになるとか言いますが、ぶっちゃけ意味ないですよね。

自分がしっかりすることの大切さ

金融資産1,000万に20代で到達することができたのは、やはりこれまでの自分がしっかりとしてきたからです。

  • 無駄と思うものには一切金は使わない
  • 毎月必ず家計の利益を残す
  • 毎月一定額をインデックスファンドに投資
  • 毎月厳格な家計管理を徹底

これらのことをサボらずに継続してきたからこそ、20代で金融資産1,000万円を突破することができたと思っています。

日々自分を律することの積み重ねが大きな果実を生むことを実感できました。今後は金融資産2,000万円を目指して頑張っていくつもりです。

まとめ

今回の記事では金融資産1,000万円を超えて変わったことを振り返ってみました。

簡単にまとめると、金融資産が1,000万円を超えるとメンタルの安定が手に入り、人生の生き方の自由度が上がります。

そして、家族や友人からも尊敬されます。

ぶっちゃけいいことしかないのでみんなも目指すといいです。僕はさらに金持ちを目指して頑張っていきます。

ということで今回はここまでにしておきます。またお会いしましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-資産形成
-

© 2022 日本蓄財協会 Powered by AFFINGER5