転職

転職活動で返事が来ない理由と転職活動者がとるべき行動

こんにちは、かっしーです。

今回は、「転職活動で返事が来ない理由と転職活動者がとるべき行動」について考えてみました。

今回の記事は、

  • 転職活動の合否連絡がまだ来ないけどなんでだろう?
  • 転職活動の選考後に連絡がないが、こういう時はどんな行動をとるべきか?

という問題意識を持っている人にはかなり有益な記事になっていると思います。

かっしー
この記事を書いている僕は、これまで2回も転職活動をしており転職の選考をたくさん受けてきました。転職活動をしていて連絡が来ない理由やとるべき行動には詳しい自信があります!

転職活動の一般的な合否連絡までの期間

schedule

まずは、転職活動の一般的な合否連絡までの期間を考えてみます。

転職活動の選考のステップは基本的に何回かに分かれていますが、

  • 書類選考
  • 1次面接
  • 2次面接
  • 最終面接

のステップが基本になってくると思います。それぞれの合格までの期間を考えてみたいと思います。

書類選考

まずは、書類を提出した後の合否連絡の期間を考えてみます。

この最初のステップでは、相当な数の受験者がいるのでよほど優秀な人材でない限り連絡は遅いです。

書類選考の合否通知は2週間くらいかかりますと企業の採用サイトに書いていることが多いですが、マジでそれくらい時間がかかってもおかしくないです。

その理由ですが、企業は大量の応募者の中から1次面接に進むことができる人を選んでいるからですね。最初の選考ステップなので、一番相手にしないといけない人が多く人事は忙しいです。

1週間で合格の通知が来たら、マジで企業の人事に刺さったのであり書類選考でのポイントは高かったと考えられます。

1次面接

1次面接の場合も同様で、書類選考ほどではないですが時間がかかります。

書類の時と同じく、早くて1週間で遅くて2週間くらいです。

というのも1次面接の段階では、1次面接を受験している人に加えて、遅れて書類選考に応募してきた人の選考もしていると考えられるからです。

また、1次面接のステップですとまだまだ企業の人事が相手にしている人数は多いです。

純粋に書類選考をしている段階ほどではないですが、時間がそれなりにかかってしまうことを覚悟しておいた方がいいです。

2次面接

次は、2次面接ですね。

2次面接の次は、どこも最終面接の会社が一般的になってくると思います。最終面接では役員やもしかしたら社長と面接をすることになります。

人事としては変な転職活動者を会社のトップ層に会わせるわけにはいかないと考えているので、この段階ではかなり絞り込みができている段階です。

ですから、基本的には2次面接受験後は1週間がマックスで、早い人なら2~3日で合否の連絡が来ます。

かっしー
僕は現在働いている大手企業の選考は、1週間でしたね。僕とは別に1人応募者がいて、かなり迷っていたみたいでした。

最終面接

最終面接は合格なら、マジで早いです。

その日中か、次の日には連絡がないと最終面接は不合格になってしまったと考えておいた方がいいかもしれません。

最終面接は基本的に10人未満で内定を取り合う勝負なので、すぐに連絡が来ると考えておいた方がいいです。

会社によってはもっとライバルの人数は少ないと思います。

かっしー
僕はこれまで2回も転職をしていますが、最終面接の合格連絡はその日中にきましたね。

合否連絡を一切出さない会社は論外

転職活動をしているとたまに合否連絡をしてこない会社があります。

こういう会社は転職活動している人をバカにしている会社ですから、連絡が来なくてもぶっちゃけ気にする必要はないです。

ちゃんとした会社ではない可能性が高く、「落ちたら逆にラッキー」くらいの考え方で問題ありません。

転職活動で返事が来ない理由

次は、転職活動で選考受験後に人事からの返事がなぜ来ないのかを考えてみます。

理由は色々とあるのですが、

  • 選考受験者が多すぎる
  • 社内の調整業務に時間がかかっている
  • ホールドされている可能性もある
  • 落ちている可能性も十分にある
  • 企業からの連絡を見落としている可能性がある

が考えられます。1つずつ理由を考えてみたいと思います。

選考受験者が多すぎる

1つ目の理由は、選考の受験者が多すぎることです。

選考受験後から合否連絡が来るまでの期間のところでも書きましたが、書類選考や1次面接は受験している人数がそもそも多すぎるので、人事は対応に時間がかかっているはずです。

選考に時間がかかっていると、その分合否連絡も遅れてしまうのは仕方ないですよね。

社内の調整業務に時間がかかっている

2つ目の理由は、社内の調整業務に時間がかかっているからですね。

もしも受験している会社が大企業なら、社内の調整業務に時間がかかっている可能性が大きいです。

大企業はフローが相当多いので、採用業務で選考の合格者を次のステップに案内するのに手間がかかってしまう仕組みになっているのではないかと思います。

ベンチャー企業とかになると、そんなことはありませんが、、

ホールドされている可能性もある

次に考えられる理由としては、ホールドされていることです。

「ホールドされている」というのは何を意味しているのかというと、

「選考して印象は良かったけれども、すぐに次の選考に案内するほどでもないので合否連絡はせず他の受験者も見る」

という状態ですね。

これは企業の人事がたくさんの受験者を抱えている場合に容易に想定できる状態です。

選択肢がたくさんあったら、全部見てみたいというのはフツーの感覚ですよね。採用をしている企業の人事も一緒です。

落ちている可能性も十分にある

次の理由は、選考に落ちているからですね。

自分が選考に落ちてしまっているなんてあまり考えたくはありませんが、中途採用は優良企業なら受験しているライバルはかなり多いので、落ちる可能性は高いです。

特に大手企業なら1人のポストに対して、何百人・何千人と受験しに来ると言われている過酷な世界になります。新卒採用ですと、大手はもっと過酷な戦いですよね。

企業からの連絡を見落としている可能性がある

次の理由は、自分が企業からの連絡を見落としてしまっているからです。

すでに企業からの合否の連絡が来ているものの、転職サイトからのメールが大量に来ているので、合否連絡のメールを見落としてしまっているなんてことはフツーにありえます。

また、自分のスマホの着信履歴も確認してみましょう。

もしかしたら、企業の人事から電話がかかってきているかもしれません。初めて見る番号から着信があったら折り返し電話をかけましょう。

転職活動で合否連絡を待っている時にするべきこと

 

next-step

ここまでは転職活動の合否連絡が来ない理由について考えてみました。

次は、「転職活動で合否連絡を待っている時にするべきこと」を考えてみましょう。

転職活動で合否連絡を待っている時は、

  • 別の会社を受験しはじめる
  • 次回選考の準備
  • メンタルがきついなら転職活動を辞めてみる

などをするべきではないかと僕は考えています。

別の会社を受験しはじめる

1つ目のアクションは、「別の会社の受験をしてみる」ことですね。

選考を受験した後にその企業の合否連絡のことばかり考えていてもぶっちゃけ意味ないです。時間の無駄ですよね。

ですから、合否連絡を待っている時は次に受験する企業を探して書類選考に応募していくのが最適です。

次回選考の準備

2つ目のアクションは、「次の選考の準備をする」ことです。

もしも、選考後に「今回の面接は感触が良くて、企業の人事とうまくコミュニケーションをとることができた」と感じることができれば、次回の選考の準備を進めた方がいいでしょう。

しかし、注意するべきなのはいくら自分が選考で感触が良かったと感じることができても、不合格になっている可能性は全然あるということです。僕も経験があります。

かっしー
新卒のある大手企業の面接後に、「コレは絶対次に最終面接の案内来るだろうな!」と感じていたのですが、落ちてましたww情けないww

ですから、選考受験後にその企業の次の選考の対策を進めても、時間が無駄になってしまうかもしれません。

メンタルがきついなら転職活動を辞めてみる

もしも、行きたい会社の選考を受験したものの合格の連絡が来る気配がないのでメンタルがキツいなら、いったん転職活動を辞めてみるといいかもしれません。

メンタルがキツい状態で転職活動を続けてもぶっちゃけいい結果なんかでませんよね。

シンドいなら休みましょう。現職があるなら食いっぱぐれはないですし、職がない人は生活保護をもらえばOKです。

転職活動を休止することについては過去に記事を書いておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読む
tenshoku-tsukareta-yasumubeki
転職活動に疲れたら休むべき?【ソッコーで休みましょうww】

こんにちは、かっしーです。 今回は転職活動で疲れた時に休むのはベストな選択肢なのかを考えてみたいと思います。 今回の記事は、 転職活動していてものすごい疲れており、休みたい なぜ転職活動をしていて自分 ...

続きを見る

合否連絡を待っている間は、問い合わせない方が良い

合否連絡が待ち遠しくて、企業の人事の採用担当者に連絡をして確かめたい人は一定数いることと思います。

しかし、メールや電話で「選考に通過しているかどうか」や「いつ合否の連絡が来るのか」を確認するのはマジで辞めておいた方がいいと思います。

他のサイトのページでは「ぜひ企業の人事にコンタクトを取って確認しましょう!メールの文面は、、」みたいな感じで教えていますが、絶対にダメです。

なぜか分かりますか?

それは明らかに企業の人事をプッシュしていて、印象が悪いからですね。

人事からしたら、「ちゃんと合否の連絡は2週間以内にすると言ったのに、プッシュをしてきた自分勝手な人」として警戒されて、落とされます。

また、採用をしている人事は基本的に激務なので、変な連絡は入れない方がいいです。嫌われるだけで何のメリットもないです。

不合格ならメンタルしんどいだけ

今、なるべくなら人事には合否連絡の確認は入れない方がいいと書きました。

仮に連絡をして合否結果をきくことができたとしても、もしも不合格だったらメンタルが辛いだけですよね。

それだったら合否の連絡は無理して聞かずに待っている方が賢いですし、次に受験していく別の会社を探している方が時間の使い方として賢いです。

優秀だと感じた人にはすぐに連絡がくる

これはかなり一般的ですし、この記事を読んでいるみなさんもある程度は理解があると思いますが、

「企業の人事が優秀だと感じて、採用したいと思った人にはすぐに面接合格の連絡が来る」

ものですよね。

最初の選考受験から合否連絡までの期間は、だいたいどのステップも1週間から2週間はかかると書きました。

しかし、企業の人事が優秀だと感じた人には、すぐに連絡がいくものです。

ですから、転職活動をしていて選考後にすぐに連絡が来たら、その会社は入社のチャンスがあると思いましょう。

もしも不合格続きでキツイなら、、

mental-kitsui

この記事を読んでいる人の中には、「選考が不合格続きで、転職の選考を受験するたびに合否連絡が気になる」という人も中にはいると思います。

企業の選考を受験していて、全然合格しないなら自分が提出している書類や面接の受け方を見直す必要があります。

このケースでは1人で闘っていても仕方ないです。

ですから転職エージェントに相談した方が素早く転職の選考で合格するヒントを得ることが可能です。

また、僕は過去に転職が不合格続きキツい時にとるべき行動についてまとめました。興味のある方は読んで下さい。

あわせて読む
tenshoku-taisaku-fail
転職活動で落ちまくる人がとるべき行動【変数は主に2つだけ】

こんにちは、かっしーです。 今回は転職活動で落ちまくる人がとるべき行動というテーマで記事を書いてみました。 今回のこの記事は下記の悩みを持っている人にはかなり有益な記事になっていると僕は思います。 転 ...

続きを見る

他にも転職活動でコレまで優良企業の内定を取ってきた僕が、転職活動で成功するコツについても書いたことがありますのでこちらも興味のある人はどうぞ!

あわせて読む
tenshoku-seiko
転職を成功させるコツ

みなさん、こんにちは。 かっしーです。 今回は、転職を成功させるコツについて解説したいと思います。 今回の記事は下記の悩みを持っている人に持ってこいです! 転職活動をしたりするけどなかなかうまくいかな ...

続きを見る

まとめ

今回は、転職活動で返事が来ない理由とそういう時に転職活動している人がとるべき行動について考えてみました。

今回の内容をまとめると、

  • 選考ステップによるが、基本的にどの選考も早くて1週間以内、遅くても2週間以内には連絡が来る
  • 選考の合否連絡は問い合わせるのは迷惑なのでNG
  • 合否連絡を待っている間は、別の企業の選考を進めたり、次の選考の対策をとるのがベスト

になります。

選考の合否の連絡は焦らずに待つのがベストです。

選考の合否のことばかり考えていても転職活動は何も進まないので、別のことを考えることをオススメします。

ということで今回の記事はここまでにしておきます。バイバイ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

かっしー

大手企業 → ベンチャー企業 → 大手企業という経歴の男です。本業は経理財務で、プログラミングも組めます。エクセルマクロとかは朝飯前です。 2021年、コロナ禍にベンチャー企業から大手企業に転職して、年収も100万円超アップ! 転職活動がかなり得意です!

-転職
-

© 2021 サラリーマン無双 Powered by AFFINGER5