働き方 転職

残業代をあてにする生き方を改善する方法【簡単にできる】

こんにちは、かっしーです。

今回この記事では、「残業代をあてにする生き方を改善する方法」を考えてみたいと思います。

今回の記事は、

  • 残業代に依存する生き方を辞めたい
  • 残業代をあてにする生き方にはどんなデメリットがあるだろうか?
  • 残業代に依存しないには、どうすればいいだろうか?

という問題意識を持っている人にはかなり有益な記事になっていると思います。

かっしー
この記事を書いている僕は過去に毎月46時間分の固定残業代が支払われる会社で働いていたことがありました。当時はその固定残業代に完全に依存している状態で、それがないと生活がかなりキツくなっていたと思います、、

残業代をあてにしている状態とは、、

zangyoda-atenisuruna

まずは残業代に依存している状態をここで定義したいと思います。

それは、

「残業代がなければ、生活水準が落ちて辛くなる状態」であったり、「残業代がなければローン・借金が返済できない状態」

ですね。

残業代は毎月安定しない収入であり、誰でも毎月コンスタントに同額を稼げるなんてことはないはずです。

ですから残業代に依存する生き方は、経済的に独立できていないと言えます。

会社から支払われる残業代がないと生活が立ちゆかなくなるわけですから。

残業代をあてにすることのデメリット

次は、残業代をあてにしながら生きることのデメリットについて考えてみたいと思います。

残業代をあてにする生き方にはたくさんのデメリットがあると僕は思っていまして、

  • 自分の時間を失う
  • 残業代依存の生活から抜け出せなくなる
  • 残業ばかりしている無能に見える
  • 住宅ローンなどの借金に注意

があげられます。1つずつ考えてみたいと思います。

自分の時間を失う

残業代をあてにして生きるということは、毎月ある程度コンスタントに残業をしているわけですよね。

となると、当たり前ですが自分の貴重な時間を毎月会社での残業に使用してしまっていることになります。

体感ですが毎日2時間くらい残業している人なら、家で自由に使用できる時間は2時間くらいしかないと思いますし、3時間とか4時間とか残業をしている人はほとんど自由な時間がないのではないかと思います。

僕とか4時間残業したら、家に帰ってすぐに寝るだけですね。自分の時間なんて全くないです。

かっしー
残業しまくって自分の時間を持たないと、スキルアップや趣味に時間を投入することができないですよね、、QOLが下がるだけ、、

残業代依存の生活から抜け出せなくなる

次のデメリットは、「残業代をあてにする生き方から抜け出せなくなる」ことですね。

毎月残業を20時間から30時間、40時間するようになると、基本給に残業手当がかなり上乗せされますよね。

すると、生活費もそれに対応して増えていく人が一定数いるはずですが、そのような生活を続けると残業代をあてにする生き方から抜け出せなくなります。

お金の奴隷にはなりたくないものです。

残業ばかりしている無能に見える

次のデメリットは、「残業ばかりしている無能に見える」ですね。

毎日毎日残業ばかりして夜遅くまでオフィスに残っている人はどういう風に見えますか?

仕事が遅い無能に見えませんかね?

僕が新卒で入社した会社には毎日夜遅くまでダラダラ残業しているオッサンがいましたが、周囲からは仕事をもっと速くするように注意されていました。

残業代を稼げても仕事の遅い無能の烙印を押されてしまうと、組織の中でやっていくのが相当難しくなるので注意しましょう。

住宅ローンなどの借金に注意

次は、「住宅ローンなどの借金に注意」ですね。

もしも借金の返済を残業代に依存しているなら、かなり気をつけた方がいいですね。

というのも後で解説しますが、日本ではコレから残業時間がどんどん減ってきますので、残業代に依存しながら返済していると返せなくなる可能性も将来出てきます。

かっしー
借金が返済できなくなると破産ですよね、、

今後日本では残業代は確実に減っていく

down-down

毎日ニュースを見ている人なら分かりますが、今後の日本ではどんどん残業代が減っていきます。

それはなぜかと言うと、政府は企業に対して「働き方改革」を推進するように呼びかけていますし、それを受けて企業の職場では残業時間の削減とDX推進による業務効率の向上化が進められています。

コレから詳しく解説していきます。

政府の働き方改革

まずは、政府の働き方改革ですよね。

下のリンクは、政府の働き方改革の「残業時間の抑制」について説明がなされている厚労省のページです。

時間外労働の上限規制 | 働き方改革特設サイト | 厚生労働省

興味のある人は読んでもらうといいのですが、コレまで残業時間の上限はなく会社では何時間でも残業ができました。

しかし、政府が残業時間に法律で上限を設けたので、コレからは無限に残業をすることができなくなりました。

かっしー
広告代理店の某○通の、ある事件によって残業時間に上限が設けられるようになってしまいました、、

どこの職場も残業を抑制したい

政府が法律で残業時間のマックスを設けたことをうけ、日本の職場では残業時間を抑制するようになってきました。

僕はコレまで3社を渡り歩いてきましたが、どこの職場でも役職者は残業しないように自分の部下に呼びかけていましたね。

僕が新卒で入社した会社では、残業をすると上司に「残業するな!」と怒鳴られました。その上司は部署の残業が多いと、さらに上の人間に怒られていたのだと思います。

昔の日本のように、「ガンガン残業しろ!」みたいなことを言っている人は全く見たことがありません。

DX推進で業務が自動化されていく

働き方改革が叫ばれるようになってからは、職場によってはDX推進が進められるようになってきています。

「DX推進って何やねん!」っていう人のために説明をしておくと、IT技術を使って仕事を自動化したり省人化したりするこですよね。

大手企業はDX推進に多額の投資をして、人件費の削減(特に残業手当の削減)に取り組んでいます。

かっしー
仕事が自動化されてしまうと残業代を稼ぐのが難しくなってきますよね、、

残業代をあてにしていた上司のハナシ

さてここで僕が新卒で入社した会社にいた、残業代をあてにしていた上司のハナシを書いてみたいと思います。

その上司はいい人ではあったのですが、典型的な生活残業サラリーマンでしたね。

背負っているものが多い

その上司は既婚者で専業主婦の奥さんと子供が2人いる人で、マイホームまで持っていました。

誰でも分かりますが、多くものを背負っている人であることが分かります。

奥さんが専業主婦ではなく働いてくれていたらまだマシですが、上司1人で今あげた全てのものを背負っているので残業に依存するしかなかったようです。

毎日朝の9時から22時まで仕事

そして、その上司ですが物凄い時間毎日残業していましたね。

朝の9時から勤務スタートで、毎日夜の10時まで仕事をしていました。極々まれに定時で帰っていることがありましたが。

その上司はハードワークして残業代を稼いでいる人でしたので、一時期にメンタルを病みかけていました。

髭を剃らずに会社に来ていたことが一時期ありました。医者から精神的なストレスで肌が弱くなっていると説明を受けて、髭を剃れなかったらしいです。

かっしー
背負うものが多いのでかなりの長時間残業しないといけないのは分かりますが、メンタル病むほど残業するのは辛いですよね、、

わざと夜遅くまで仕事している感MAX

その上司は、わざと仕事をしている感がMAXでしたね。

1人でたくさんのものを背負っているので、残業代をあてにして働かないといけません。

僕が見ていた感じでは「残業する理由なくね??」という日も夜遅くまで残業をしていましたし、わざと無駄な作業をしている感がかなり出ていました。

その人は机の上がかなり汚い人であったので、残業時間中に机の整理もしていましたね。

かっしー
無理して残業時間を作っているのがあからさまでしたねww

固定残業代はあてにしていいのか

僕は過去に固定残業代が払われる会社で働いていたことがあるのですが、固定残業代をあてにするのも良くないですね。

というのも、固定残業代も基本給に上乗せされる手当なので、会社の経営陣が給与制度の改定の際に減額や廃止をしてくることは全然想定できるからです。

僕はベンチャー企業で働いていた時は、46時間みなしで7万円分の固定残業手当をもらっていたのですが、46時間も残業していませんでした。

基本給が低くてその固定残業手当をかなりあてにしていたのですが、想定されている残業時間分働いていなかったのでぶっちゃけ廃止されるのではないかと不安でした。

固定残業手当に関しては、過去に下の記事を書いたことがありますので興味のある方はどうぞ!

あわせて読む
koteizangyo-oi
固定残業が多い会社はホワイトなのか?【近寄らない方がいいw】

こんにちは、かっしーです。 今回の記事は、「固定残業代が多い会社はホワイトなのか?」というテーマで記事を書いてみました。 今回の記事は、 固定残業代が多い(40時間から45時間)の会社に入社したがホワ ...

続きを見る

残業代をあてにする生き方の改善方法

howto-recover-zangyoizon

さて、ここまでは「残業代をあてにする生き方のデメリット」や「残業代をあてにする生き方をしていた残念な上司の特徴」を振り返ってみました。

ここからは、残業代をあてにする生き方の改善方法を考えてみます。

それは4つありまして、

  • 節約
  • 副業
  • 成果を出して昇給を狙う
  • 転職

になってきます。1つずつ考えていきます。

節約

1つ目は、「節約をする」ことです。

もしも現在「残業代がないと生活がキツくてカツカツになる〜」と困っている人は、節約を考えてみましょう。

もしも今下に並べるようなお金の使い方をしているなら見直す必要があります。

  • 頻繁に外食をする
  • コンビニを頻繁使用する
  • タバコ・酒をたしなむ
  • ギャンブルにハマっている
  • 年に2回以上旅行に行く
  • 家賃が高い
  • 不要な保険に入っている
  • 格安シムを使っていない

節約については今回のこの記事のテーマからはそれるので、詳しくは解説はしませんが一度自分のお金の使い方を見直した方がいいです。

絶対に無駄なお金の使い方をしているはずです。

節約をすればある程度は残業代に依存しなくても生きていける生活が近づいてきます。

節約なんかしてケチケチするのが嫌という人が一定数いそうですが、節約ができないと残業代に依存する生活から永遠に抜け出すことができないです。

副業

次は、「副業する」ことですね。

副業すると本業の給料とは別に毎月不安定ですが、一定のお金を稼ぐことができるようになる可能性が高いです。

副業の方法は本当にたくさんありまして、

  • ポイ活
  • 休日バイト
  • 株式投資
  • ブログアフィリエイト
  • YouTube
  • WEBデザイン
  • FX
  • せどり
  • コンサル

などたくさんあります。他にももっとたくさんあるので、興味のある人はネットなどで調べるといいと思います。

副業の欠点は、本業のスキルが磨かれない可能性がかなり高いことです。

ブログやYouTube、投資などは頑張っても本業のスキルは磨かれず、職場にいる本業のためにスキルアップをしている人に負けてしまう可能性が大きいです。

かっしー
副業に集中しすぎると、本業で全く成果がでずマイナス評価をくらってしまう可能性が高くなるのでマジで注意ですね、、

成果を出して昇給を狙う

次は、「成果を出して昇給を狙う」ことですね。

コレが一番王道でサラリーマン的には健全な気がします。

営業の仕事で対昨年比較で受注200%アップを達成するとか、人事の新卒採用業務にて高学歴の人材からたくさん内定承諾してもらったなどの結果を出して査定の際にアピールしましょう。

もしかしたら基本給がアップして残業への依存度を下げることが可能になるかもしれません。

転職するのもあり

もしも、今この記事を読んでくださっているあなたの勤めている会社が従業員の昇給をケチケチする会社なら転職を考えた方がいいです。

給料を上げてくれないと残業代をあてにする不安定な生活から抜け出すことなんてできなくなるので、ちゃんと昇給を実施してくれる会社へ移る方が得ですよね。

僕は前職がまさに昇給を実施しないひどい会社だったのですが、転職をすることでちゃんと給料の上げてくれるホワイト企業に転職をすることができました。

かっしー
会社が給料を上げてくれないならさっさと転職をしちゃいましょう!給料の上がりにくい会社で消耗するのはマジで人生における貴重な時間のムダです、、

まとめ

今回の記事では、「残業代をあてにする生き方を改善する方法」について考えてみました。

今回の記事をまとめると、

  • 残業代をあてにするのは、不安定な生活をしているのと同じ
  • 今後日本では残業ができなくなってくるので注意
  • 節約・副業・本業で成果を出すなどして残業依存から脱却しよう!
  • 基本給が上がりにくいなら転職!

になります。

残業手当に依存するのは、経済的に自立できていないと言っても過言ではありません。

本業で成果を出して給料を上げたり、副業をして複数の収入源を持つなどして、残業に依存しない生活を手に入れましょう。

残業に依存しなくなると、自分の自由な時間が手に入り趣味やスキルアップに使えて自分の人生を生きている実感を持つことができるようになります。

そして、基本給が上がらない会社で働いているなら、一刻も早く転職して給料の上がる優良企業に移りましょう!

ということで今回の記事はここまでにしておきます。バイバイ!!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

かっしー

大手企業 → ベンチャー企業 → 大手企業という経歴の男です。本業は経理財務で、プログラミングも組めます。エクセルマクロとかは朝飯前です。 2021年、コロナ禍にベンチャー企業から大手企業に転職して、年収も100万円超アップ! 転職活動がかなり得意です!

-働き方, 転職
-,

© 2021 サラリーマン無双 Powered by AFFINGER5